ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和4年8月プレスリリース > 【8月26日】<事前案内>彫刻メンテナンスワークショップ「彫刻を手と目で見て楽しもう!」参加者募集中

ここから本文です。

掲載開始日:2022年8月26日

最終更新日:2022年8月26日

<事前案内>彫刻メンテナンスワークショップ「彫刻を手と目で見て楽しもう!」参加者募集中

前回のワークショップの様子(公財)北区文化振興財団ココキタ(豊島5-3-13)は、『彫刻メンテナンスワークショップ「彫刻を手と目で見て楽しもう!」』の開催にあわせ、参加者募集を行う。文化芸術活動拠点「ココキタ」などを会場に9月に開催。定員10名(要事前申し込み、抽選)。参加費無料で現在受付中。
この講座では区内の著名な屋外彫刻をめぐり、美術館ではさわることが出来ない作品に、実際にふれて体で感じる事で、視覚だけでなく触覚を通して彫刻を鑑賞することが出来る。
参加者は、各地の屋外彫刻について学び、石膏と水粘土を使用した「造形制作」を体験するほか、実際に屋外彫刻をさわって観察・鑑賞し、メンテナンスも体験することで文化保存の大切さを学ぶ。申込は、電話またはココキタホームページから。

(写真:前回のワークショップの様子【メンテナンス技法体験】)

彫刻メンテナンスワークショップ「彫刻を手と目で見て楽しもう!」概要

実施日時

令和4年9月18日(日曜日)、19日(月・祝)の計2回
18日 午後2時~午後5時 19日 午前10時~午後5時
※19日(月・祝)雨天時、9月23日(金・祝)へ振替。

実施会場

1.文化芸術活動拠点「ココキタ」(豊島5-3-13)
2.赤羽南二丁目児童遊園(赤羽南2-7)

参加対象

区内在住・在学・在勤の方

募集人数

10名(要事前申し込み、抽選)
※参加費無料 二日目移動用交通費都バス代210円別途必要

講 師

篠原聰氏(東海大学准教授)高見直宏氏(彫刻家)
高橋裕二氏((有)ブロンズスタジオ) 広瀬浩二郎氏(国立民族学博物館准教授)*1

申 込

電話またはココキタHP(https://www.kitabunka.or.jp/cocokita/)から

講習内容

1日目:彫刻や美術についての講座
造形制作ワークショップの導入
2日目:造形制作ワークショップ
屋外彫刻を触って観察・メンテナンス体験

※1 講師プロフィール

篠原聰氏

東海大学松前記念館マネージャー。
2014年から学生や住民、自治体と一緒に地域の屋外彫刻のメンテナンス活動を実施している。

高見直宏氏

彫刻家。東京藝術大学大学院修了。
学生時代に網膜色素変性症が発覚、その後、写実ではないイメージの形を追求。

高橋裕二氏

有限会社ブロンズスタジオ取締役
国内外の彫刻作品や屋外彫刻の保存修復を手掛けている。

広瀬浩二郎氏

国立民族学博物館准教授。
全盲の研究者としてユニバーサル・ミュージアム(誰もが楽しめる博物館)の普及活動を実施。

(令和4年8月26日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:【その他】北区文化芸術活動拠点ココキタ

電話番号:03-6338-5711