ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和5年3月プレスリリース > 【3月25日】「第21回北区内田康夫ミステリー文学賞」の大賞が決定

ここから本文です。

掲載開始日:2023年3月25日

最終更新日:2023年3月25日

「第21回北区内田康夫ミステリー文学賞」の大賞が決定

230325-13月25日(土曜日)、北とぴあ・さくらホール(王子1-11-1)で「第21回北区内田康夫ミステリー文学賞」の授賞式が行われた。
応募のあった176作品の中から大賞(賞金100万円)に選ばれたのは、埼玉県在住の諸星 額(もろぼし がく)さんの『沈黙のコンチェルト』。区長賞、審査員特別賞を合わせた3作品の受賞者に、賞金目録や記念品などが贈られた。受賞作品は、「Webジェイ・ノベル(実業之日本社)」*1に掲載される。あわせて授賞式・記念イベントの来場者や受賞者、出版関係者等に第21回の受賞作品を掲載したブックレットが配布された。
また、第20回授賞式でお披露目された文学賞オリジナルキャラクターの名前が、観覧者の投票により『テールズ』に決定した。
授賞式後の記念イベントでは、前回の大賞作品『二つの依頼』(原作:安芸那須)を朗読劇化し上演。310名の観客は、演者たちの語りで作品の世界観を表現する朗読劇ならではの演出で、ミステリーの世界に引き込まれていった。

(写真1:授賞式の様子(前列左:積本絵馬さん、前列中央:諸星額さん、前列右:鮎川知央さん))

(写真2:文学賞オリジナルキャラクター『テールズ』)

「北区内田康夫ミステリー文学賞」は、北区の知名度や文化的イメージを高めるため、北区アンバサダー(大使)として活動された、北区西ケ原出身の内田康夫氏の協力を得て、平成14年に創設。今回で21回目を迎え、昨年4月から9月末までに作品を募集したところ、176作品の応募があった。推理小説研究家の山前譲(やままえ ゆずる)氏を選考委員代表とした、区長やミステリー関連出版社の編集者らで構成された選考委員会による、厳正な審査の結果、大賞と区長賞、審査員特別賞を決定。この日、北とぴあさくらホールで授賞式と記念イベントを開催した。

大賞に選ばれたのは、埼玉県在住の諸星 額さんの『沈黙のコンチェルト』。賞状と賞金100万円の目録、記念品が贈られた。前回も審査員特別賞を受賞した諸星さんは、「昨年の特別賞もとても嬉しかったのですが、今年はさらに素晴らしい賞をいただいて、格別な思いです。二度も続けて選んでいただいたことに感謝し、これからも、良い作品が書けるように努力していきたいと思います」と受賞の喜びを語った。

また、区長賞には東京都在住の鮎川 知央(あゆかわ ともお)さんの『フィナーレの前に』、審査員特別賞に群馬県在住の積本 絵馬(つみもと えま)さんの『誤審』が選ばれ、それぞれ賞状と賞金10万円の目録、記念品が贈られた。大賞受賞作品は、今後、舞台化し上演される予定となっている。

授賞式後の記念イベントでは、前回(第20回)の大賞受賞作品『二つの依頼』(原作:安芸 那須(あき なす))を朗読劇化して上演(演出:深寅 芥(みとら あくた)、脚本:吉田 康二(よしだ こうじ))。310名の観客は、演者たちの語りで作品の世界観を表現する朗読劇ならではの演出で、ミステリーの世界に引き込まれていった。

各受賞作品のあらすじ

大賞受賞作品:「沈黙のコンチェルト」

浅草寺の本堂近くで若い女性の他殺体が発見された。殺害された高館 陽菜(たかだて はるな)は、クラシックコンサートの半券を持っていた。耳が不自由な彼女だが、なぜ演奏会に来ていたのか――。指揮者・水元 康介(みずもと こうすけ)は、かすかに残る「音」の記憶を頼りに、刑事・火宮千尋(ひのみや ちひろ)と殺人事件の真相に迫っていく。

区長賞受賞作品:「フィナーレの前に」

月島(つきしま)は、中学生の娘・詩織(しおり)のメッセージアプリを密かに盗み見ていた。ある日、所属しているバレエスタジオの公演で、詩織が友人らと共に、同級生に嫌がらせをしようとしていることを知る。娘の企みを阻止するため、公演の手伝いをしながら奔走する月島。少女たちの本当の狙いは――。

審査員特別賞受賞作品:「誤審」

球審・三条 卓(さんじょう すぐる)はペナントレースの天王山で誤審をしたと疑われていた。ある日、元プロ野球選手の宇部 幸一郎(うべ いちろう)は、居酒屋で居合わせた三条を精神的に追い詰める。宇部にとって三条は、トライアウトで人生を狂わされた因縁の相手だったからだ。その翌日、三条の遺体が川で発見された。

*1 「Webジェイ・ノベル(実業之日本社)」北区内田康夫ミステリー文学賞 特設サイト

https://j-nbooks.jp/novel/original.php?oKey=113(外部サイトへリンク)

<参考>応募状況 応募総数:176編

・地域区分 北区内:14編
 都内(北区除く):35編(区部:25、市部:10)
 都外(国内):126編
 国外:1編
・平均年齢 58.1歳(最年少:10歳、最高齢:84歳)
 

お問い合わせ

所属課室:政策経営部シティプロモーション推進担当課 

〒114-8508 東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1364