ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 給付 > 北区国民健康保険の高額療養等費算定誤りについて

ここから本文です。

掲載開始日:2015年11月10日

最終更新日:2018年4月1日

北区国民健康保険の高額療養等費算定誤りについて

平成27年10月に、北区国民健康保険が支給した平成20年度以降の高額療養費および高額介護合算療養費のうち、国や都の公費助成の対象となる医療費にかかるものについて、算定誤りのために支給が不足していたものと、超過していたものがあることが判明しました。

被保険者をはじめ、区民の皆様には心からお詫び申し上げます。今後このようなことがないよう、正確でかつ確実な国民健康保険事務の執行に努めてまいります。

原因

  1. 平成20年度に導入した国民健康保険システムのプログラムにおける、一部計算式の漏れや参照する項目の誤り
  2. 区の高額療養費等の算定における一部負担金の取扱いについて、都の公費助成の対象となる医療費を世帯合算の対象としていなかった誤り

影響(平成30年4月現在)

誤って支給した世帯数:1,379世帯

誤って支給した高額療養費等の額

  • 支給不足額:52,725,759円
  • 支給超過額:491,883円

対応

再計算の結果、追加支給または返還請求の対象となった被保険者(世帯主)の皆様には、順次ご案内の書面を送付しております。
世帯主がすでにお亡くなりになっている場合は、相続人の方へご案内を送付しています。

不審な電話等にご注意ください

今回の追加支給や返還請求のお手続きは、必ず文書で行います。
区の職員が、以下のようなことをすることはありません。不審な電話や訪問等があった場合は、すぐ110番通報をしてください。

  • 今回の追加支給や返還請求について、電話で催促をすること
  • 電話で口座番号や暗証番号をおたずねすること
  • 通帳や印鑑、キャッシュカードをお預かりしたり、現金のやりとりやATMの操作をお願いすること

 

区長のコメント

このたびは、国民健康保険高額療養費算定事務に誤りがあり、多くの区民の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを、心からお詫び申し上げます。

ご迷惑をおかけした皆様への対応を進めるとともに、今後、このようなことがないよう職員の指導に努め、チェック体制の整備を図り、区民の皆様の信頼回復に向け全力で取り組んでまいります。

お問い合わせ

所属課室:区民部国保年金課国保給付係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階22番

電話番号:03-3908-1295