ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 給付 > 特定疾病療養受領証(後期高齢者医療制度)

ここから本文です。

掲載開始日:2022年9月13日

最終更新日:2022年9月13日

特定疾病療養受領証(後期高齢者医療制度)

特定の疾病による高額な治療を長期間継続して受ける必要がある方は、申請することで、特定疾病療養受領証の交付を受けることができます。

医療機関の窓口に提示することで、特定疾病の自己負担限度額が1つの医療機関につき月額1万円となります。

対象となる特定疾病

  • 人工透析が必要な慢性腎不全
  • 先天性血液凝固因子障害の一部(血友病)
  • 血液凝固因子製剤の投与に起因する(血液製剤による)HIV感染症

申請に必要なもの

  1. 保険証
  2. 申請書
  3. 医師の意見書
  4. <本人以外が申請する場合>代理人の本人確認書類(免許証、マイナンバーカードなど)

申請書など

その他

東京都では、人工透析を受けている腎不全患者の方に、医療費等の自己負担分の助成を行っています。

医療費助成(人工透析)のご案内(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部国保年金課高齢医療係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階21番

電話番号:03-3908-9069