ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

ここから本文です。

掲載開始日:2021年2月19日

最終更新日:2021年4月22日

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

令和3年(2021年)3月(延期)から、全国の病院や薬局などの医療機関において、従来の保険証とは別に、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。

※マイナンバーカードの健康保険証利用の本格運用開始は延期となりました。(最新情報は厚生労働省のホームページをご確認ください。)

なお、マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、あらかじめ初回登録を行う必要があります。

・マイナンバーカードを健康保険証として利用できるように登録した場合でも、これまでの健康保険証は引き続き利用できます。
・国民健康保険への加入・喪失は、これまでどおり区役所への届け出が必要です。

利用開始時期

マイナンバーカードの保険証利用は、令和3年3月より開始し、令和5年3月末には概ね全ての医療機関等で利用可能となる予定です。
これに伴い、医療機関や薬局でマイナンバーカードの読み取り機が導入されますが、導入されていない医療機関や薬局では、健康保険証の提示が必要です。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するための初回登録手続

初回登録手続は、マイナポータルからご自身で行う必要があります。
マイナンバーカードと数字4桁の暗証番号(交付を受ける際ご自身で設定された利用者証明用電子証明書のパスワード)をご用意ください。

暗証番号を忘れてしまった場合や、連続して誤った番号を入力しロックがかかってしまった場合は、区民事務所で再設定が必要です。(マイナンバーカードの各種暗証番号の再設定について

詳しい手続き方法については、マイナンバーカードの健康保険証利用(外部サイトへリンク)をご覧ください。

上記の方法で初回登録をすることができない場合でも、保険証利用開始以降は、病院や薬局の窓口で、顔認証付きカードリーダーを使用して初回登録が可能になります。


お問い合わせ

所属課室:区民部国保年金課国保資格係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階23番

電話番号:03-3908-1131