ホーム > 産業・ビジネス > 新型コロナウイルスに関する中小企業支援策まとめ > 就業規則作成・改定に要する社会保険労務士への委託費用の一部を助成します

ここから本文です。

掲載開始日:2021年4月1日

最終更新日:2021年4月1日

就業規則の作成・改定に要する社会保険労務士への委託費用の一部を補助します

東京都北区事業継続支援事業補助金

新型コロナウイルス感染症の拡大防止及び不測の事態発生時において、区内事業者が事業活動を継続するため、テレワークや時差出勤等を導入する際に必要となる就業規則の作成・改定に要する経費の一部を補助します。

対象者

  1. 区内に住所(法人の場合は本店登記)又は主たる事業所を有し、引き続き1年以上区内で事業を営む中小企業者
  2. 前年度の特別区民税・都民税又は市町村民税(法人の場合は前期の法人都民税)を完納していること。
  3. 東京信用保証協会の保証対象業種又は日本政策金融公庫の貸付対象業種を営んでいること。
  4. 就業規則の作成・改定を社会保険労務士に委託し、作成等委託経費の支出を完了していること。
  5. 区内の労働基準監督署に対し就業規則の届出を行っていること。
  6. 同一内容で他の公的助成を受けていないこと。

補助対象経費

テレワークや時差出勤等を導入するため、就業規則作成・改定に要する社会保険労務士への委託費用

※労働基準監督署の受付日及び社会保険労務士への支払完了日が令和3年4月1日以降のものが対象です。

補助金額

補助対象経費の2/3の額で上限10万円
※消費税等は除きます。
※千円未満の端数がある場合には、端数を切り捨てた額とします。
※作成等委託業務が複数回にわたる場合は、社会保険労務士へ支払った金額の合算額を対象経費とします。

申請書類等

  1. 東京都北区事業継続支援事業補助金交付申請書
  2. 区内の労働基準監督署名及び受付日を表示した押印のある就業規則に係る書面
  3. 就業規則(変更)届の写し
  4. 就業規則についての従業員の意見書の写し
  5. 社会保険労務士へ依頼した作成等委託経費の支払い及び金額が確認できる書面
  6. 【法人】履歴事項全部証明書の写し ※申請日より3か月以内に発行したもの
    【個人】開業届の写し
  7. 【法人】前期の法人都民税納税証明書の写し
    【個人】前年度の特別区民税・都民税又は市町村民税納税証明書の写し

補助までの流れ

(1)就業規則の作成・改定
   ↓

(2)区内労働基準監督署へ就業規則提出

   ↓
(3)社会保険労務士への作成等委託費用の支払い
   ↓

(4)区補助金の交付申請
   ※下記の申請書式をダウンロードして郵送で申請ください。

   ↓
(5)区補助金審査・決定
   ※区補助金の支給決定後、決定通知書と併せて請求書兼口座振替依頼書を送付します。

   ↓
(6)区補助金の請求

   ↓
(7)区補助金の支払い

添付ファイル

チラシ(PDF:165KB)

交付申請書(ワード:16KB)

交付申請書(PDF:201KB)

請求書【※補助金交付決定後の提出になります】(ワード:19KB)

請求書【※補助金交付決定後の提出になります】(PDF:180KB)

申請先

 東京都北区 産業振興課 経営支援係
 〒114-8503 東京都北区王子1-11-1 北とぴあ11階
 TEL 03-5390-12347

その他

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:地域振興部産業振興課経営支援係

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ11階)

電話番号:03-5390-1237