ホーム > 健康・医療・福祉 > 衛生 > 食品衛生 > 食品衛生のお知らせ > 牛レバーの生食はやめましょう

ここから本文です。

掲載開始日:2012年6月29日

最終更新日:2019年4月22日

牛レバーの生食はやめましょう

生食用牛レバーの提供・販売は禁止されています

食品衛生法に基づいて、平成24年7月1日から生食用牛レバー(レバ刺しなど)の提供及び販売は禁止されています。
牛レバー(肝臓)を検査した結果、腸管出血性大腸菌が検出されています。そのため現在、牛レバーを安全に生で食べるための有効な予防対策は見い出せておらず、腸管出血性大腸菌による重篤な食中毒患者の発生が避けられないためです。

消費者の皆様へ

牛レバーは生で食べず、中心部まで十分に加熱して食べましょう。

事業者の皆様へ

牛レバーは、生食用として提供・販売できません。

提供・販売する場合、レバーの中心部まで十分に加熱が必要である旨の情報を提供しなければなりません。

詳しい内容は下記のホームページをご覧ください。

関連リンク

牛レバーを生食するのは、やめましょう (厚生労働省)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:北区保健所生活衛生課食品衛生係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-0726