ホーム > 文化・観光・スポーツ > 生涯学習・サークル > 北区こどもプログラミングコンテスト(政策提案協働事業)

ここから本文です。

掲載開始日:2018年9月27日

最終更新日:2021年2月24日

北区こどもプログラミングコンテスト(政策提案協働事業)

 seisakuu

 北区教育委員会及びNPO法人プログラミング教育研究所は、2020年のプログラミング教育の義務教育課程必修化を見据えて、無料のプログラミング教室開催を中心としたプログラミング教育の啓発を平成30年度より協働事業として行っています。
 本事業の中で、児童・生徒がプログラミングを学び始めるきっかけ作り、また教室で学んだ成果の発表・学習意欲の向上を目的として、北区こどもプログラミングコンテストを開催しています。昨年度は2020年1月26日(日曜日)に北とぴあ飛鳥ホールにて作品の展示会が行われ、617名の来場者の方に作品を見ていただくことができました。
 今年度はコロナウイルス感染拡大防止のために実際の作品展示は行わず、インターネット上にて作品展示及び表彰式を開催する予定です。

 

コンテスト作品紹介・表彰式の様子

2021年2月21日(日)、第3回北区こどもプログラミングコンテスト作品紹介・表彰式が行われました。
ZoomとYouTubeによるオンライン開催となり、同時最大参加者は 101名(Zoom 87名+YouTube 14名)でした。
応募38作品の中から、入賞15作品の紹介、7作品の表彰を行いました。

※詳細はNPO法人プログラミング教育研究所(外部サイトへリンク)にて記載をしております。

コンテスト概要

募集期間

2020年9月15日(火曜日)~ 11月15日(日曜日)

応募資格

北区在住・在学・あるいは北区在所の団体に所属する小中学生
※応募はひとり1作品とします。
※団体や複数人での応募も可能ですが、受賞は代表者のみとなります。

募集内容・応募方法

プログラムやプログラミングを使用した作品、あるいはプログラミングを題材にした作品。
※プログラミングの言語やツールなどは問いません。
※詳細はNPO法人プログラミング教育研究所 応募方法(外部サイトへリンク)にて記載をしております。

審査基準

創意工夫の度合いにより審査をします。

審査委員

東洋大学、女子栄養大学、東京成徳大学、お茶の水女子大学
北区教育委員会、NPO法人プログラミング教育研究所

 各賞・副賞

優秀賞には副賞をご用意しています。
100名様に参加賞として図書カード500円分を贈呈します。

表彰式・作品展示

2021年2月21日(日曜日)午後1時より、インターネット上にて表彰式を開催いたします。
その他、プログラミング教室体験やミニゲームなど応募者以外の方も楽しめるようになっており、入場無料でどなたでもご参加いただけます。

また応募作品の展示についても、インターネット上にて皆様にご覧をいただける形を予定しております。
詳細が決まり次第、NPO法人プログラミング教育研究所(外部サイトへリンク) にてご案内をいたします。

主催・協賛・後援

主催

北区教育委員会、NPO法人プログラミング教育研究所

協賛・商品提供

日本マイクロソフト株式会社、パーソルテクノロジースタッフ株式会社、越野建設株式会社、日本ノーベル株式会社

 後援

未来の学びコンソーシアム、東京商工会議所北支部、社会福祉法人北区社会福祉協議会

 

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部生涯学習・学校地域連携課 

東京都北区滝野川2-52-10(旧滝野川中学校)北区役所滝野川分庁舎2階8番

電話番号:03-3908-9323