ここから本文です。

掲載開始日:2015年5月20日

最終更新日:2021年7月6日

男女共同参画週間(6月23日~29日)

女だから、男だから、ではなく、私だから、の時代へ。

令和3年度「男女共同参画週間」キャッチフレーズ(内閣府)

  国では、男女が性別にかかわりなく互いに人権を尊重しつつ、その個性と能力を発揮することができる社会の形成に向け、男女共同参画社会基本法を施行し、その理解を深めるため、男女共同参画週間(毎年6月23日から29日)を設けています。北区でも、男女共同参画社会を実現するために、区民の方々と協働し、講演会や映画会を行います。性別・国籍・文化や宗教の違いを超えて、多様性社会実現のためにいま何ができるかを一緒に考えてみませんか。

内閣府「男女共同参画週間について」(外部サイトへリンク) 

下記事業は終了いたしました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

講演会「フォトジャーナリストが伝えたいこと ~『世界』を知る、『自分』を知る ~」

 人が生きる限り、そこには必ず「日常」があります。シリアやイラク、陸前高田などでファインダー越しに人々の生活を見つめてきた安田菜津紀さん。暴力ではなく人同士の「対話」を選択することの大切さと、性別・国籍・文化や宗教の違いを超えて、誰もが生きていてよかったと思える社会の実現について一緒に考えてみましょう。※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、開催形式が変更(動画配信)となる場合があります。

 講師

フォトジャーナリスト 安田 菜津紀氏

講師

 

 

日時

 6月12日 (土曜日)午後2時から午後4時 (開場午後1時30分)

会場

北とぴあ6階 ドームホール

定員

60名(抽選)

参加費

無料

映画会「一粒の麦 荻野吟子の生涯」

 明治時代、近代日本で初めての女性医師第一号として日本国家が認めた女医、荻野吟子の生涯を描いた伝記ドラマ。まだ女性に医者の認可を与える制度がない時代、吟子は男性社会の中で道なき道を歩んでいく。医師だけでなく、社会活動家としても不屈の精神と大いなる愛に生きた波乱の生涯の実話を映画化。文部科学省選定。(2019年製作/現代ぷろだくしょん制作/日本/110分/日本語字幕)

eiga

 

 日時

 6月19日 (土曜日)午後2時から午後4時 (開場午後1時30分)

会場

北とぴあ6階 ドームホール

定員

60名(抽選)

参加費

無料

申込方法(講演会・映画会共通)

下記申込フォームまたはファックスでお申込みください。

〈申込フォーム〉

男女共同参画週間 事業(講演会・映画会)申込フォーム(公開期間:5月23日から5月25日)

〈ファックス〉

FAX番号 03(3913)0081 

 ●申し込み期間

5月23日(日曜日)午前9時から5月25日(火曜日)午後5時(必着)まで  

必ず、上記期間内でのお申し込みをお願いいたします。

※ファックスで申込の場合は、下記項目を記載してください。

①参加事業名(講演会・映画会のいづれか)②郵便番号・住所(区内在住のみ応募可)③氏名(ふりがな)④年齢⑤電話番号・FAX番号⑥その他必要事項

※講演会・映画会とも保育あり〔1歳以上未就学児。定員あり(申込多数の場合は抽選)〕

※講演会で手話が必要な方は必ずその旨を申込フォームまたはファックスに記入してください。

※当落の抽選結果は令和3年5月29日(土曜日)以降にお知らせしますので、必ず連絡先をご記入ください。

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のために、受講にあたっての留意事項

●体調のすぐれない方(発熱や風邪症状のある方)は、来館をお控えください。参加をお断りする場合があります。

●当日は、マスクの着用、施設入口での検温および手指の消毒、咳エチケットの徹底をお願いします。

●当日、施設利用報告書の作成(氏名・連絡先の記入)にご協力いただきます。

●新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、講演会は、後日、動画配信、映画会は中止となることがあります。北区ホームページ等で最新情報をご確認ください。

申込・問合わせ先

 スペースゆう(北区男女共同参画活動拠点施設)

 TEL:03-3913-0161 FAX:03-3913-0081

 Email:danjo-c(at)city.kita.lg.jp  ※メールでのお申込みはできません。

 ※不審メール対策のため、メールアドレスの一部を変更しています。(at)を@に変えて送信してください。

お問い合わせ

所属課室:総務部多様性社会推進課 

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ5階)

電話番号:03-3913-0161