ここから本文です。

掲載開始日:2008年11月11日

最終更新日:2015年6月30日

国土利用計画法に基づく土地取引の届出

国土利用計画法(国土法)は、適性かつ合理的な土地利用の確保を図るため、土地取引について届出制を設けています。北区内において、一定規模以上の土地について、土地取引の契約を締結した場合には、土地の権利取得者(買主)は契約締結日から2週間以内(契約締結日含む)に北区に届出が必要です。(この届出は、区で受付し、東京都で審査を行います。)

一定規模以上とは

  1. 市街化区域で2,000平方メートル以上
  2. 1を除く都市計画区域で5,000平方メートル以上
  3. 都市計画区域以外で10,000平方メートル以上

また、個々の面積は小さくても、権利取得者(買主)が取得する土地の合計が2,000平方メートル以上になった場合も届出が必要なことがあります。(「一団の土地取引」と言います。)

土地取引の形態

売買、交換、営業譲渡、譲渡担保、代物弁済、現物出資、共有持分の譲渡、地上権・賃借権の設定・譲渡、予約完結権・買戻権等の譲渡、信託受益権の譲渡、地位譲渡(これらの予約である場合も含みます。)

詳しくは、東京都都市整備局都市づくり政策部都市計画課(03-5388-3216~7)、または北区都市計画課へお問い合わせください。

届出に必要な書類

  1. 届出書及び電算入力用用紙
  2. 契約書の写し
  3. 位置図(縮尺50,000分の1以上の地形図)
  4. 周辺状況図(縮尺5,000分の1以上の図面)
  5. 平面図(公図の写し)
  6. 実測図(実測面積による売買の場合に添付してください)
  7. その他(必要に応じて委任状等)

届出書は、都市計画課(区役所第1庁舎3階12番)にあります。また、東京都都市整備局のホームページからダウンロードすることもできます。

関連リンク

東京都都市整備局ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:まちづくり部都市計画課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階12番~14番

電話番号:03-3908-9152