ホーム > 健康・医療・福祉 > 感染症対策 > 新型コロナウイルスワクチン接種について

ここから本文です。

掲載開始日:2021年3月1日

最終更新日:2021年7月30日

新型コロナウイルスワクチン接種について

予約受付サイト

現在、予約は満枠となりました。次回の予約枠の追加までしばらくお待ちください。なお、キャンセルが生じた場合等で、予約枠が空く場合もあります。次回の予約枠の追加情報については、決まり次第、北区ホームページにてお知らせいたします。


【ワクチン接種予約受付サイトは、上のアイコンに加えて、以下のURLからでもログインすることができます。】
(下記のURLは、上のアイコンと同じサイトに入ることができます。)

https://vaccines.sciseed.jp/tokyo-kitaku-vaccine/login

重要なお知らせ【予約枠追加情報】

 【ワクチン接種予約枠の追加】≪50歳代限定 約3,500人分≫

現在、国からのワクチン供給量の関係で、予約が大変取りづらい状況となっております。ご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。

50歳代以下の年代の新型コロナウイルス感染者が急増し、50歳代の重症化率は年代別で最も多くなっています。そこで東京都は、50歳代のワクチン接種を促進するため、大規模接種会場用に確保していたワクチンを、区市町村に配分することを決定しました。北区には、約3,500人分(2回接種分)の50歳代接種用のワクチンが配分されます。
 これを受け北区では、対象を50歳代に限定した予約枠を以下のとおり追加いたします。なお、年齢を限定しない予約枠の追加につきましては、ワクチン供給状況を踏まえ順次追加し、北区ホームページ等でお知らせいたします。

【予約の受付開始の日時】

8月14日(土曜)正午から順次開放
満枠となり
次第、北区ホームページにてお知らせします。

【追加する接種期間】

8月16日(月曜)から約2週間分
(3週間後の予定も調整のうえ、予約してください。)

【追加予約枠数】

約3,500枠分(1人2回接種換算で、約3,500人分
(区では、1回目及び2回目の接種を同時に予約することとしています。)

【対象の方】

50歳から59歳の方
※令和4年4月1日までに50歳となる方、及び令和3年4月2日時点で59歳だった方を含みます。

※予約者が上記の対象でないことが確認できた場合には、自動的にキャンセルいたします。

【接種できる会場】

東京北医療センター 北区赤羽台4-17-56
明理会中央総合病院
(接種会場は隣接の東十条区民センター)
(接種会場)北区東十条3-2-14
       東十条区民センター 3階
花と森の東京病院

北区西ケ原2-3-6

【予約方法】

・上記の予約受付サイト、もしくは北区コールセンターからお申込みください。

・予約受付サイトから申込みを行う場合には、上記予約開始日時から開放される予約枠の名称が【50歳代限定】となっているものを選択してください。
※対象年齢外の方が予約されていた場合は、キャンセル処理をいたします。

・コールセンターに架電して申込みを行う場合には、オペレーターへ接種券番号と【生年月日】をお申し出ください。
※対象年齢外の方はお断りさせていただきます。


【7月26日の予約枠情報】 

医療機関

ワクチン接種センター 3か所
基本型接種施設    8か所
各医療機関の情報はこちらをご覧ください。

期間

8月1日(日曜)~8月31日(火曜)の予約枠を追加しました。
(各日3週間後の8月22日(日曜)から9月21日(火曜)まで2回目接種分を同時に予約)

追加予約枠数

約2万枠分(1人2回接種換算で、約2万人分)
(区では、1回目及び2回目の接種を同時に予約することとしています。)
現在の北区の接種状況はこちらをご覧ください。


【パスワード設定について】

北区ワクチン接種予約受付サイトのパスワードはご自分の生年月日をご入力ください。初期パスワードは半角数字で西暦の生年月日8桁です。パスワードを入力後、エラーになってしまった場合は、下記の番号にご連絡ください。

・【北区ワクチン接種コールセンター】

0120(801)222(フリーダイヤル)
 午前9時から午後7時 土曜・日曜、祝日も受付
(土曜・日曜、祝日は午前9時から午後5時まで受付)

※番号のおかけ間違いにご注意ください。


【接種医療機関について】

現在、サテライト型接種医療機関につきましては、ワクチンの供給不足に伴い、新規の予約受付を一時休止しています。ワクチン接種は「ワクチン接種センター」・「基本型接種施設」のみ、予約システムにて空いている枠があれば、予約可能です。医療機関への個別の連絡はご遠慮いただきますよう、お願いいたします。


【基礎疾患を有する方】

基礎疾患をお持ちの方は、お薬手帳をご持参いただくなど投薬内容がわかるものを接種日当日に必ず持参し、問診医師へお見せください。

詳細につきましては、こちらをご覧ください。


【ワクチン接種の予約時刻について】

北区では、ご希望される一人でも多くの方に、一日でも早く接種していただくために、予約の指定時刻(15分間隔)の中で、医療機関が対応できる最大限の人数を受け入れています。そのため、予約時刻を過ぎてしまう場合や、会場内でお待たせする場合があります。区民の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
また、夏場にかけて、熱中症の恐れもありますので、なるべく指定の時刻にお越しいただくようご協力お願いいたします。


【国の大規模接種センターの予約に関する注意事項】

国の大規模接種センターと区の接種施設では、接種するワクチンが異なるため、国と区の接種をあわせて受けることはできません。どちらかの会場で2回分を予約する必要があります。国の大規模接種センターで予約された方が、区の予約システムに残っている場合には、確認が取れた段階で取り消しをさせていただきます。ご自身での予約の取り消しにご協力ください。

詳細はこちらをご覧ください。

予約方法 yoyakuzyoukyou

予約の方法 接種の状況

接種の会場  qa

接種の会場  Q&A

ワクチン接種パスポート 接種の流れ

ワクチン接種パスポート 接種の流れ

副反応について 接種対象者・予定

副反応について  接種対象・予定

 住所地外 お問い合わせ

住所地外接種 お問い合せ

コールセンター(お電話での予約はこちらの番号から)

【接種の予約はこちらから。また、接種に関するお問い合わせもこちらへお電話ください。】

◆北区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

0120(801)222(フリーダイヤル)※番号のおかけ間違いにご注意ください。

午前9時から午後7時土曜・日曜、祝日も受付
(土曜・日曜、祝日は午前9時から午後5時まで受付)

英語・中国語・韓国語対応

※予約システムに関する内容はこちらにお電話ください。

※予約受付開始にあたり、コールセンターが混み合い、電話が繋がらないことがあります。しばらく時間をおいてから、おかけ直しください。


【ワクチンの効果や副反応など、ワクチンに関する一般的なお問い合せについて】

◆厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

0120(761)770(フリーダイヤル)

〔午前9時から午後9時曜・日曜・祝日も開設〕


【ワクチン接種後に副反応の症状が見られる場合の医療職への相談等】

◆東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター

03(6258)5802

[24時間対応(土曜・日曜・祝日も開設)]

※英語・中国語・韓国語・ベトナム語・タガログ語・ネパール語・ビルマ語(ミャンマー語)
タイ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語対応

予約受付サイトについて

予約受付サイトへは、下記のURLよりログインできます。

URL:

https://vaccines.sciseed.jp/tokyo-kitaku-vaccine/login

 

QRコード:

QRコード

予約方法等の詳細はこちらをご覧ください。

※なお、予約システムに関してのお問合せは北区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンターへお問合せください。

【北区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター 】

0120(801)222(フリーダイヤル)※番号のおかけ間違いにご注意ください。

平日:午前9時から午後7時まで
(土曜・日曜、祝日は午前9時から午後5時まで受付)

英語・中国語・韓国語対応

接種対象者

12歳以上のすべての区民

接種対象年齢や優先順位は国が示すとおりです。11歳以下の方は接種対象外です。(6月1日現在)

※ワクチンは12歳の誕生日の前日から接種が可能になります。区からは、令和3年7月以降、毎月末までに、その翌月(7月は当該月)に12歳になる区民の方に接種券を郵送します。

接種スケジュール

4月下旬以降:北区に住民票がある区内特別養護老人ホーム入居の方の接種開始(予定)

その他の方:以下参照


※国が示すスケジュールに基づき、変更となる場合があります。

64歳以下の区民の皆さんの接種券【6月25日(金曜)に一斉発送】

64歳以下の方のワクチン接種は、段階的に接種を開始していきます。12歳から64歳の方で北区に住民票を有する方に、ワクチンの接種券などが入った封書を6月25日(金曜)に対象の方へ発送します。予約受付開始日や接種開始日は下記の表をご覧ください。

接種対象年齢 接種券発送 予約受付開始 接種開始
75歳以上の方 4月23日(金曜) 5月6日(木曜) 5月10日(月曜)
65歳から74歳までの方 5月10日(月曜) 5月24日(月曜) 5月25日(火曜)

基礎疾患を有する方

60歳から64歳までの方

(昭和32年4月2日から

昭和37年4月1日生まれの方)

6月25日(金曜)

6月28日(月曜)

午後2時

6月29日(火曜)

40歳から59歳の方

(昭和37年4月2日から

昭和57年4月1日生まれの方)

6月25日(金曜)

7月12日(月曜)

午後2時

7月13日(火曜)

16歳から39歳の方

(昭和57年4月2日から

平成18年4月1日生まれの方)

6月25日(金曜)

7月26日(月曜)

午後2時

7月27日(火曜)

12歳から15歳の方 ※1

(平成18年4月2日から

平成21年7月1日生まれの方)

6月25日(金曜)

7月26日(月曜)

午後2時

7月27日(火曜)

※1 ファイザー製のワクチンは、12歳の誕生日の前日から接種可能になります。区からは令和3年7月以降、毎月末までに、その翌月(7月は当該月)に12歳になる区民の方に接種券を郵送します。

※2 高齢者施設等の従事者は、施設内で接種するなどにより優先性を確保します。


【基礎疾患を有する方、40歳以上の方の接種の受付・接種について】

ワクチン接種する際の受付・予診の際に、年齢や疾患の有無をお申し出ください。診断書等の提示は必要ありません。なお、優先接種対象の確認が取れなかった時は、接種できない場合があります。

「高齢者接種に次ぐ優先接種対象」は以下の一覧をご覧ください。

 高齢者接種に次ぐ優先接種対象一覧

▶上へ戻る  

ワクチン接種の流れ

1.接種券が届く

接種の対象の方は住民票所在地に【接種券】を送付いたします。接種券の中に【予診票】【予診票事前記入のご案内】【新型コロナワクチン接種のお知らせ】【新型コロナワクチン予防接種についての説明書】等が封入されていますので、開封してご確認ください。
(12歳から64歳までの方には既に接種券を送付しています。今年度12歳になる方について、区からは令和3年7月以降、毎月末までに、その翌月(7月は当該月)に12歳になる区民の方に接種券を郵送します。)

2.予約する

接種を受けるためには、事前の予約が必要です。予約は、専用の予約受付サイトまたは区コールセンターにお申込みください。
※区内の特別養護老人ホームに入居している方は予約の必要はございません。

3.接種当日

接種会場へ向かう前に、あらかじめ体温を測定し、発熱がある場合や体調が悪い場合などは接種を控えてください。予約を取り消すときは、専用予約サイトで取り消し操作または区コールセンターへのご連絡をお願いします。

接種会場へ向かう前には、持参する物をチェックしましょう。
☑接種券(切り離さず台紙ごとお持ちください)
☑予診票(記入済みのもの)
☑本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
※基礎疾患をお持ちの方は、お薬手帳をご持参いただくなど投薬内容がわかるものを接種日当日に必ず持参し、問診医師へお見せください。

予診票は、なるべく接種当日に自宅で記入し、記入済のものをお持ちください。また、上腕の筋肉に注射するため、肩を出しやすい服装でお越しください。

4.接種会場にて

医師の問診後、ワクチンを接種します。接種後、経過観察のため15分から30分ほど会場内に待機します。お帰りの際は【接種済証】と【残りの接種券】を忘れずにお持ち帰りください。
※接種券は2回目の接種の際にも必要となりますので、大切に保管してください。
※2回目の接種は、標準として1回目から3週間後に受けることになります。
※北区では、ご希望される一人でも多くの方に、一日でも早くワクチンを接種していただくために、予約の指定時刻(15分間隔)の中で、医療機関が対応できる最大限の人数を受け入れています。そのため、予約時刻を過ぎてしまう場合や、会場内でお待たせする場合があります。区民の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。また、夏場にかけて、熱中症の恐れもありますので、なるべく指定の時刻にお越しいただくようご協力をお願いいたします。

▶上へ戻る

自衛隊 東京大規模接種センター

令和3年4月27日の総理大臣及び防衛大臣からの指示に基づき、防衛省・自衛隊による大規模接種センターが設置され、5月17日より予約の受付が開始されます。詳細につきましては、下記「防衛省・自衛隊ホームページ」をご確認ください。

防衛省・自衛隊ホームページ(外部サイトへリンク)

※住所地外接種届は不要です。

国の大規模接種センターと区の接種施設では、接種するワクチンが異なるため、国と区の接種をあわせて受けることはできません。どちらかの会場で2回分を予約する必要があります。国の大規模接種センターで予約された方が、区の予約システムに残っている場合には、確認が取れた段階で取り消しをさせていただきます。ご自身での予約の取り消しにご協力ください。

上記の内容は5月27日時点の内容です。

職域接種について

職域接種(企業や大学等における職域単位での接種)につきましては、実施する企業等が事前に国へ申請する必要があります。

詳細は以下のページをご覧ください。

新型コロナウイルスワクチンの職域接種の総合案内(外部サイトへリンク)

新型コロナワクチンの副反応について

一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。治療を要したり、障害が残るほどの副反応は、きわめて稀ではあるものの、ゼロではありません。ワクチンに含まれる成分に対する急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、市販後米国で100万人に5人程度と報告されています。
日本の接種では、ワクチン接種後15分から30分経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きても医療従事者が必要な対応を行います。
東京都では、ワクチン接種後に副反応の症状を呈した方の相談窓口として、「東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター」を設置しています。電話番号はこちらをご覧ください。

これまでに国に報告された副反応疑い報告について、下記のページからご覧いただけます。
新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)


また、予防接種により健康被害が生じ、医療機関で治療が必要になったり障害が残ったりした場合に予防接種法に基づく救済が受けられます。詳細は以下のページをご参照ください。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

▶上へ戻る

北区の取り組み

7月12日(月曜)午後2時よりワクチン接種の予約受付サイトをリニューアルしました。
(令和3年7月1日時点)

多くの方からご意見をいただいていた、ワクチン接種の予約受付サイトをリニューアルしました。利便性の向上とアクセス集中への対応強化を図ります。予約受付サイトはこちらのホームページからアクセスできます。

【予約受付サイトの利便性を向上します。】

  • アクセス集中への対応強化を図ります。
  • 住所や最寄り駅から、接種可能な医療機関を検索することができます。
  • 医療機関からのお知らせを確認できます。

【ワクチン接種の予約受付を一時休止します。】

新しい予約受付サイトへの移行に伴い、システムデータの移管を行うため、コールセンター及び予約受付サイトでのワクチン接種の予約受付を一時休止いたしました。ご不便をおかけいたし、申し訳ございませんでした。

【2回目の接種の予約について】

新しい予約受付サイトでは、1回目と2回目の接種の予約は、自動的に同時に行います。予約をする際は2回目の接種の日程を考慮のうえ、予約を行ってください。すでに1回目接種済で2回目の接種日が決まっている方、もしくは7月6日以前の予約システムで予約済の方は、改めて予約する必要はありません。

基礎疾患を有する方、60歳から64歳の方のワクチン接種の予約受付・接種を開始します。(令和3年6月20日時点)

  • ワクチン接種の予約や接種する際の受付・予診の際に、年齢や疾患の有無をお申し出いただき、優先性を確保します。診断書等の提示は必要ありません。なお、優先接種対象の確認が取れなかった時は、接種できない場合があります。予約方法等はこちらをご覧ください。

12歳から64歳までの方へワクチン接種券を送付します。(令和3年6月20日時点)

12歳から64歳の方で北区に住民票がある方に、ワクチンの接種券などが入った封書を6月25日(金曜)に対象の方へ発送します。予約受付日や接種開始日は下記の表をご覧ください。

接種対象年齢 接種券発送 予約受付開始 接種開始

基礎疾患を有する方

60歳から64歳までの方

(昭和32年4月2日から

昭和37年4月1日生まれの方)

6月25日(金曜)

6月28日(月曜)

午後2時

6月29日(火曜)

40歳から59歳の方

(昭和37年4月2日から

昭和57年4月1日生まれの方)

6月25日(金曜)

7月12日(月曜)

午後2時

7月13日(火曜)

16歳から39歳の方

(昭和57年4月2日から

平成18年4月1日生まれの方)

6月25日(金曜)

7月26日(月曜)

午後2時

7月27日(火曜)

12歳から15歳の方 ※1

(平成18年4月2日から

平成21年7月1日生まれの方)

6月25日(金曜)

7月26日(月曜)

午後2時

7月27日(火曜)

※1 ファイザー製のワクチンは、12歳の誕生日の前日から接種可能になります。区からは令和3年7月以降、毎月末までに、その翌月(7月は当該月)に12歳になる区民の方に接種券を郵送します。

※2 高齢者施設等の従事者は、施設内で接種するなどにより優先性を確保します。

北区災害時搬送協定締結のタクシー・バス会社が、要介護者認定者のワクチン接種会場への移動を支援します。(令和3年5月1日時点)

要介護認定を受けている高齢者のうち、接種会場への自力での移動が困難で、ご家族による送迎が難しい方にタクシーでの移動支援を行います。タクシー料金は全額無料です。

【利用方法】
ワクチン接種の予約完了後、配車取次センターに直接電話し、要介護度や予約日時・場所等を伝え配車を依頼してください。

【乗車時】
①介護保険被保険者証②接種券をドライバーに提示し、所定の申出書に署名することで乗車ができます。

配車取次センター:03-3914-2227
[午前9時から午後5時 土曜・日曜、祝日を除く]

詳細は以下のページをご覧ください。

要介護者認定者の新型コロナウイルスワクチン接種会場への移動支援

65歳から74歳までの方へワクチン接種券を送付します。(令和3年5月10日時点)

5月10日(月曜)に、今年度中に65歳から74歳になる方(昭和22年4月2日から昭和32年4月1日までに生まれた方)には、ワクチン接種券を送付します。接種の予約受付は5月24日(月曜)から開始いたします。接種開始は5月25日(火曜)以降を予定しています。接種券がお手元に届いても、予約開始まで少々お待ちください。北区では引き続き多くの方が円滑に接種できるよう、体制の整備を進めていきます。

75歳以上の方へワクチン接種券を送付します。(令和3年4月20日時点)

北区では、まず今年度中に75歳以上に達する方(昭和22年4月1日以前に生まれた方)のワクチン接種を始め、その後すべての65歳以上の方の接種を開始します。接種に向けて、4月23日(金曜)に75歳以上の方へ接種券を送付します。65歳以上の方への発送は、5月10日(月曜)頃の送付を予定しています。接種は、当面の間、3つのワクチン接種センター(東京北医療センター、明理会中央総合病院、花と森の東京病院)にて実施します。ワクチンの供給量が増え次第、接種できる医療機関を順次、増やしていく予定です。

区内の特別養護老人ホーム入居者からワクチン接種を開始します。(令和3年3月23日)

65歳以上の方を対象としたワクチンが、4月19日から同月30日の期間に、北区へ約1,500人分供給されることが決まりました。これは、北区の65歳以上人口の1.7%程度にあたり、非常に限られた数量です。
これを受けて区は、区内の特別養護老人ホームに入居する方のうち、接種を希望する方へ、先行してワクチン接種を開始することとしました。これは、全国的に頻発している施設内の感染を防ぎ、高齢者の集団生活における感染の被害を最小限に抑えることを目的としたものです。
その他の65歳以上の方については、6月末までに全員が2回接種可能な数量が供給される予定です。なお、接種券の発送は4月中旬以降となる見込みです。(上記は令和3年3月23日現在の情報であり、見直される場合があります。)

北区の新型コロナウイルスワクチン接種体制【北区方式】(令和3年2月9日)

北区では、区民の皆さんが安心・安全にワクチン接種を受けることができるよう、北区医師会等の地域医療と連携して、接種体制について検討を進めています。ワクチンが供給され次第、国が示すスケジュールに基づいて順次接種体制を確保してまいります。

北区の取り組み

※画像は令和3年2月9日時点のものです。一部スケジュール等に変更があります。

▶上へ戻る

接種費用

無料です。

▶上へ戻る

接種にあたっての留意事項

何らかの病気で治療中の人や、接種に不安がある人は、接種する前にかかりつけ医などに相談してください。

▶上へ戻る

 住民票所在地以外で接種する場合(住所地外接種)

原則は住民票所在地で接種を受けることになっています。ただしやむを得ない事情がある場合には「住所地外接種届」を、接種を希望する自治体に申請することで、住民票所在地以外での接種ができるようになることがあります。詳細は以下をご覧ください。

「住所地外接種届」を申請することで、住所地外で接種できる方

  • 出産のために里帰りしている妊婦の方
  • 遠隔地へ下宿している学生の方
  • 単身赴任の方 等

北区に申請をしていただく必要のある方

上記の「住所地外接種届」を申請することで、住所地外で接種できる方に該当する方で、

北区外に住民票があるが、北区で接種を希望される方。

※北区に住民票があるが、北区外で接種を希望される場合は、接種を希望する自治体に申請をしてください。

申請方法

インターネット(コロナワクチンナビ)または郵送でご申請ください。

【インターネット(コロナワクチンナビ)から申請】

・コロナワクチンナビ(厚生労働省専用サイト)から申請

住所地外接種届出済証の発行は即日可能

 ※北区の予約受付サイトまたはコールセンターから予約をする場合に使用する、IDとパスワードの発行にはコールセンターにお電話をいただいてから5日程度かかります。

「コロナワクチンナビ」(厚生労働省ページ)(外部サイトへリンク)

  1. 上記ページから届出を行ってください。届出完了後に「住所地外接種届出済証」が表示されますので、印刷するか、スクリーンショットを取得してください。
  2. 北区の予約受付サイトまたはコールセンターからワクチン接種の予約をする場合には、住所地外接種届出済証をお手元にご用意のうえ、北区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンターまでご連絡ください。
  3. 通常5日程度で、コールセンターから接種の予約用のIDとパスワードを折り返しご連絡いたします。
  4. 接種の受付時に、印刷した住所地外接種届出済証か画面を提示してください。
【郵送にて申請】
 ※発行までは、送付期間も含め10日程度かかります。
  1. 住民票所在地の接種券を使用します。
  2. 北区に、下記の申請に必要な書類を提出します。
  3. 「住所地外接種届出済証」の発行を北区から受けます。
  4. 北区のコールセンターまたは予約受付サイトからワクチン接種の予約を行います。
    ※北区での接種予約に必要な接種券の番号は「住所地外接種届出済証」に記載しています。
  5.   接種当日は、「住所地外接種届出済証」、「住民票がある自治体から発行された接種券」、「予診票」、「本人確認書類」を持って接種施設に行き、受付にご提示ください。

《申請に必要なもの》

・住所地外接種届(以下からダウンロードできます。)

・住民票所在地から発行される接種クーポン券のコピー

・返信用封筒(恐れ入りますが、94円切手をお貼りください。)

申請先

〒114-0001 北区東十条2-7-3 北区保健所内
北区新型コロナウイルスワクチン接種担当課

「住所地外接種届」の申請は不要で、住所地外で接種できる方

  • 入院・入所している方
  • 基礎疾患を持ち、かかりつけ医の下で接種する方
  • 災害による被害に遭った方
  • 勾留または留置されている方、受刑中の方
  • 住所地外接種をする方で、市町村に対して申請を行うことが困難である方
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する方
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける方
  • 通所系介護サービス事業所等で接種が行われる場合に、そのサービスを利用している方
  • コミュニケーションに支援が必要な外国人の方で、かかりつけ医の下での接種をする方
  • 障害をお持ちの方で、かかりつけ医の下で接種をする方
  • 職域接種を受ける方
  • 国または都道府県が設置する大規模接種会場で接種を受ける方(ただし、会場ごとの対象地域に居住している方に限ります。)
「住所地外接種届」は以下からダウンロードできます。

【東京都北区】住所地外接種届(PDF:195KB)

【東京都北区】住所地外接種届(ワード:18KB)

【東京都北区】住所地外接種届【見本】(PDF:231KB)

                                         ▶上へ戻る

新型コロナワクチン接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」

コロナワクチンナビでは、今後、居住地でワクチン接種を受けられる医療機関はどこにあるのか、その医療機関の現在の予約受付状況を見ることができます。接種券の再発行申請や住所地外接種届の申請もこちらのシステムからできるようになる予定です。

「コロナワクチンナビ」(厚生労働省ページ)(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせについて

ワクチン接種の流れや事前に確認していただきたい内容をまとめています。接種前には、下記の掲載内容をご確認ください。

新型コロナワクチン接種のお知らせ

上記のお知らせにつきましては、下記の言語に翻訳したものを公開しています。
該当の言語を押していただければ、表示できるようになります。

なお、予診票、説明書、接種のお知らせにつきましては、17言語に翻訳したものを厚生労働省のHPで公開していますので、こちらもご覧ください。

「外国語の新型コロナワクチンの予診票等」(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

 

注意啓発

新型コロナウイルスワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください。ワクチン接種は無料です。区から現金を要求することはありません。警視庁では、すでに複数のワクチン接種名目の詐欺の電話が確認されています

詐欺被害防止ちらし(PDF:355KB)

▶上へ戻る

関連リンク

新型コロナウイルスワクチン接種の予約方法について

新型コロナウイルスワクチン接種の状況について

新型コロナウイルスワクチン接種医療機関について

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付について

厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

首相官邸ホームページ(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:北区保健所新型コロナウイルスワクチン接種担当課