ホーム > よくある質問 > 「暮らし」のよくある質問 > 「税金」のよくある質問 > 海外に留学するため、税金を納めることができないのですが、どうすればよいですか?

ここから本文です。

掲載開始日:2013年2月6日

最終更新日:2015年3月23日

海外に留学するため、税金を納めることができないのですが、どうすればよいですか?

質問文

留学で海外へ転出するので、税金を納めることができないのですが、どうすればよいですか?

回答文

海外留学などにより不在にされる際でも、既に納める税金がある場合には、ご本人に代わって税金を納めていただくための「納税管理人」を選定していただき、その方に、税金を納めていただく必要があります。「納税管理人申告(申請)書(特別区民税・都民税)」に必要事項を記入し、北区にお送りください。

海外に転出する方の税金のページで詳細を説明しています。(リンク先のページは、現在勤務先の給料から特別徴収(住民税の引き落とし)をされている方が、転勤される際の事例を掲載していますが、基本的な扱いは同じです。)

海外に転勤する方の税金

添付ファイル

納税管理人申告(申請)書(PDF:59KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部税務課

電話番号:03-3908-1113

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階8番~11番