ホーム > よくある質問 > 「暮らし」のよくある質問 > 「税金」のよくある質問 > パートやアルバイトの収入が、103万円までなら、扶養に入ることができると聞きました

ここから本文です。

掲載開始日:2013年2月6日

最終更新日:2017年12月22日

パートやアルバイトの収入が、103万円までなら、扶養に入ることができると聞きました

質問文

パートやアルバイトの収入が、103万円までなら、扶養に入ることができると聞きました

回答文

税法上の扶養(税金を安くするための所得控除としての扶養)に入るためには、パートやアルバイトをしていた方の合計所得が38万円以下である必要があります。

パートやアルバイトで得た収入は、給与収入に該当するために、所得の計算をする際に65万円を差し引くことができます。差し引く前の金額(収入金額)は、所得38万円+差し引く金額65万円=103万円ということで、給与収入が年間103万円までであれば、扶養に入ることができます。

但し、給与収入が年間で100万円を超える場合には、扶養とは別に、パートやアルバイトをしていた方に住民税が直接かかります。

このために、住民税もかからずに扶養に入るためには、年間の収入が100万円までとなります。

給与収入金額

本人の税金

(住民税)

本人の税金

(所得税)

配偶者控除・扶養控除が受けられるか

(扶養に入れるか)

100万円以下 かからない かからない 受けられる
入れる
103万円以下 かかる かからない 受けられる
入れる
103万円超 かかる かかる 受けられない
入れない

※パートやアルバイトの収入が年間で103万円の場合には、約7,500円の住民税がかかります。(他の所得や控除が無い場合)

(会社の健康保険組合などの)健康保険証の扶養判定とは異なるものです。会社の健康保険証等に関する質問は、お勤め先にご確認ください。

お問い合わせ

所属課室:区民部税務課

電話番号:03-3908-1113

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階8番~11番