ホーム > よくある質問 > 「暮らし」のよくある質問 > 「税金」のよくある質問 > 亡くなった人の税金はどうなりますか?

ここから本文です。

掲載開始日:2013年9月4日

最終更新日:2016年2月18日

亡くなった人の税金はどうなりますか?

亡くなられた方の税金

亡くなられた方の住民税は、次のような取扱いになります。

1月1日以前に亡くなられた方の税金

賦課期日(1月1日)以前に亡くなられた方については、死亡日の属する年の翌年度の、住民税の納税義務は発生しません。

亡くなられた日が、平成26年12月20日であれば、平成27年度の住民税はかかりません。(平成25年1月から12月までの所得に対する税金は、原則として平成26年の6月に本人あてにご連絡しています)

普通徴収(個人納付)の場合には、第4期分(1月末日納期限)の税金が残っているために、第4期分の税金を納めていただく必要があります。

1月2日以降に亡くなられた方の税金

前年中の所得に対する税金がかかります。

亡くなられた日が、平成27年1月2日であれば、前年(この場合、平成26年1月から12月まで)の所得に対する税金を、平成27年6月以降に納めていただく必要があります。

亡くなられた方の税金を納めるには

亡くなられた方の税金は、「相続人」として親族の方に納めていただくことになります。

「相続人」としての手続きには「相続人代表者指定届」の提出が必要となります。

亡くなられた方の親族の方に、住民税に関する事項を、北区からご案内させていただく場合があります。ご理解とご協力をお願いします。

死亡日と住民税の納税義務
死亡日 死亡日の属する年度 納める必要のある住民税
平成26年12月31日までの間 平成26年度 平成26年度分
(平成25年中の所得)
平成27年1月1日 平成26年度 平成26年度分
(平成25年中の所得)
平成27年1月2日以降 平成26年度 平成26年度分
(平成25年中の所得)
平成27年度分
(平成26年中の所得)

添付ファイル

相続人代表者指定(変更)届(見本つき)(PDF:74KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部税務課

電話番号:03-3908-1113

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階8番~11番