ホーム > 暮らし > 税金 > 特別区民税・都民税(住民税) > 納付書におけるバーコード印字誤りについて

ここから本文です。

掲載開始日:2018年6月27日

最終更新日:2018年6月25日

特別区民税・都民税納付書におけるバーコード印字誤りについて

概要

税務課で作成している特別区民税・都民税納税通知書と同時に発行している納付書の一部について、コンビニ収納で使用するバーコードの印字に誤りがあることが判明いたしました。

印字誤りの納付書については、コンビニエンスストアでバーコード読み取りを行った場合、読み取り不可の事象が発生します。これは、バーコードの一部が印字されておらず、バーコードリーダーによる読み取りができずエラーとなってしまいコンビニエンスストアでの収納ができなくなるものです。

対象は、平成30年5月29日から6月15日までに納税通知書を送付した67,655件のうち500件程度と推定しております。

原因

平成30年度特別区民税・都民税納税通知書を印刷するにあたり、税務課に設置しているプリンターの印字位置を調整しました。その際、全5台のうち2台のプリンターについて、用紙左端の印刷可能な位置を超えて印字データが設定されたため、正しいバーコードが印刷されなかったことが原因であると考えられております。

今後の対応

再発防止のため、印刷後バーコードリーダーによる読み取りテストを実施します。コンビニエンスストア各社に一部の納付書に印字誤りがあることを周知し、読み取りができない場合は区で再発行を行います。区民事務所、郵便局、金融機関等でのお支払についてはバーコードを使用しないため通常通り収納が可能です。

印字誤りの納付書を送付した対象者が特定できず、また全員に対して再発行した場合に二重納付等が発生する恐れがあるため一律の再発行はせず、問い合わせいただいた方に対して再発行を行います。

区民のみなさまにご迷惑をおかけしてまことに申し訳ございません。

今後このようなことが無いよう、再発防止に努めてまいります。

 

お問い合わせ

所属課室:区民部税務課課税第一係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階8番から11番まで

電話番号:03-3908-1115