ここから本文です。

最終更新日:2021年9月30日

9月30日 生徒の様子

1年生 飛鳥山博物館 渋沢×北区 青天を衝け
大河ドラマ館へ見学に行っできます。

1年生 飛鳥山博物館 渋沢×北区 青天を衝け
大河ドラマ館へ見学に行っできます。1年1組は、学校を8:40に出発して、9:10から見学します。2組は、13:30に出発して13:00から見学する予定です。大河ドラマ館内に、堀船中の1年生が夏休みに作成した、「渋沢栄一新聞」が飾ってあります。全国各地から、見学に来られる方も、堀船中の1年生の作品を見てくれていると思うと、なんだか、とても嬉しいですよね。行き帰りは、渋沢栄一副読本を使って、渋沢栄一ゆかりの場所を阿久津が案内いたします。後ほど、写真を掲載します。
副読本の題名は「LOVE  LIVE  LEAD」です。

午前の部 1年1組

r30930si1 r30930si2

r30930leftr30930rig

r30930eiga r3093011

r3093012 r3093013

r3093oss5 r30930sss6

r30930sss7 r30930ss8

r30930shugo2 r30930shugo

r30930doz 

 

 

 今日の給食

 今日の給食は、鶏肉のパン粉焼き・フレンチサラダ・味噌汁・ご飯でした。おいしかったです。

r30930kyu r30930kon

r30930it1 r30930it2

r30930it3 r30930it4

r30930it5

 

 

午前の部 1年2組は、13:25に飛鳥山博物館に出発します。

 後ほど写真は掲載いたします。

  

r30931111 

r30932 r3093022

r3093023 r3093024

r3093025 r3093026

 r3093027 r3093029

r3093030 r3093031

r309333 r30930-1

r30930kk00 r30930kkkkk

 

渋沢栄一副読本 「LOVE  LIVE  LEAD」 全学年に配布いたします。

本日の見学にも使用するこの副読本は、9月28日(火)読売新聞と東京新聞に記事が掲載されています。読売新聞には、この副読本の紹介が次のように記載されています。「北区教育委員会は、『日本資本主義の父』とも呼ばれ、区内にゆかりのある実業家、渋沢栄一への理解を子供たちに深めてもらうため、区立小中学校向けの副読本をつくった。各校での授業などに活用する。副読本の題名は「LOVE LIVE LEAD」。北区で暮らし、地元を「愛し、住み、世界をリード」した渋沢にちなんだといい、区立校の校長や教員が約1年半かけてまとめた。約500の企業設立に携わった功績に加え、関わった歴史上の人物や国際平和のための活動などが、約85ページにわたってイラストや写真付きでわかりやすく紹介されている。」と紹介されています。
この渋沢栄一の副読本は、全学年に配布いたします。1・2年生は、今後授業で使用しますので、しばらくは、各教室で保管し、活用します。3年生は、3月ごろ使用する予定でおります。ご家庭で保護者の皆さまも、ご覧いただける時期は学年により、異なりますが、ぜひご一読いただければ幸いです。

r30930fff

 r30930new1

r30930new2

 

 

 

お問い合わせ

東京都北区立 堀船中学校

北区堀船2-23-20

電話番号:03-3911-8817

ページの先頭へ戻る