ここから本文です。

最終更新日:2023年4月7日

校長挨拶

校長挨拶

第24代校長鷲見二朗です。本年もよろしくお願いいたします。

本校は、大正9年(1920年)6月23日、東京府北豊島郡滝野川の地に、滝野川第四尋常小学校として創立、開校しました。昭和7年に「東京府東京市滝野川第四尋常小学校」、昭和16年に「東京市滝野川第四国民学校」、昭和18年に「東京都滝野川第四国民学校」、昭和22年に「東京都北区立滝野川第四小学校」と改称され今日に至っています。開校当時は一面に広がる蓮田の中に平屋建瓦葺きの4教室、児童約50名での開校でした。昭和9年には32学級編制となり、二部授業を行うまでとなりました。大正12年の第1回卒業生は77名であり、第101回の卒業生までの総人数は11,498名、多くの優秀な人材を送り出しています。令和5年4月1日現在の児童数は428名、16学級編制です。子どもたちは皆「明るく、素直で、まじめ」です。運動会や音楽会、展覧会、滝四まつりなど一生懸命に取り組んでいます。
本校の校章と校歌は昭和33年(1958年)に新たに制定されました。校章はもみじの葉と滝野川の川(周囲の三重円)を図案化したものです。校歌は作詞サトウハチロー氏、作曲渡辺浦人氏によるものです。どちらも滝四小の誇りです。
令和2年(2020年)11月の「創立100周年記念行事」では、保護者の皆様、PTA役員・委員の皆様、地域の皆様、自治会・町会の皆様、関係諸機関の皆様、区教育委員会の皆様に温かな祝福をいただきました。創立100周年記念を大きな節目とし、次の100年に向け、新たな学校づくりに確かな一歩を踏み出しています。
令和3年11月より校舎リノベーション工事が始まりました。本校校舎は創立時より数度の大改修工事を経て、昭和38年(1963年)に鉄筋コンクリート3階建て校舎として建設が完了しました。それから約60年が経ち、これからの新たな教育環境を確保するために、令和6年10月の完成を目指し校舎内外のリノベーション工事を実施することとなりました。工事の様態は児童が在校しながらの居ながら改築です。完成した折には、新しい教室、施設とともに人工芝の校庭になる予定であります。
これからも地域に根ざし、ともに歩む学校として、郷土と母校を愛し、誇りをもてる子どもたちの育成を目指し、教育目標に掲げる「自ら学び合う子」「自ら進んでやる子」「互いに助け合う子」「じょうぶな子」を達成するために職員一同、引き続き力と心を合わせ教育活動の推進に努めてまいります。

お問い合わせ

東京都北区立 滝野川第四小学校

〒114-0013 北区東田端2-5-23

電話番号:03-3893-0041

ページの先頭へ戻る