ここから本文です。

最終更新日:2022年1月5日

議長からのメッセージ

令和3年度

令和4年議長の年頭挨拶(令和4年1月4日)nenntoaisatu

皆様、新年あけましておめでとうございます。
北区議会議長 名取 ひであき でございます。

年頭にあたり、区議会を代表して、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
日頃より北区議会に対し、多大なるご理解・ご支援を賜り、誠にありがとうございます。
改めまして厚く御礼申し上げます。

私が、昨年5月に議長に就任してから、初めての新春を迎えましたが、改めてその職責の重さを痛感しているところです。
新たな年を迎えるにあたり、改めて、区民の皆様から託された思いを胸に刻み、皆様から真に喜ばれる区政の実現を目指し、議員一同、粉骨砕身努力してまいる決意でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて昨年を振り返りますと、日本では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が、様々な制約の中で開催されました。
各国を代表するアスリートの方々のひたむきな姿は、私たち観ている者に感動と勇気、そして夢を与えてくれました。
オリンピック・パラリンピックともに日本選手の活躍は素晴らしく、金メダリストの方々には秋の紫綬褒章が贈られました。

北区においても、「トップアスリートのまち・北区」を目指したスポーツ関連事業に、多くの日本選手の方々にご協力をいただき、感謝しております。
今後も、スポーツ関連事業にも 一層力強く取り組み、新たな区の魅力を創出するとともに、より活力あふれるまちづくりに 取り組んでまいります。

また、一昨年に続き昨年も、コロナ禍の影響により、私たちのくらしや行動も変化してきました。
区民の皆様のくらしを守るため、昨年5月、新たに「新型コロナウイルス感染症対策特別委員会」を設置し、ワクチンの速やかな接種体制の確保、生活困窮者や地域産業への支援策など、区とともに、コロナ禍による様々な課題解決に向け取り組んでまいりました。

これからの北区政においては、第6波に備えたコロナ感染症対策に加え、進展する少子高齢化や増大する社会保障費への対策、人生百年時代への取組、さらには新たな課題としてゼロカーボンシティの実現や行政のデジタル化、多様性社会の推進など、北区が解決すべき課題は山積しています。

この1年間、北区議会では、4回の定例会と4回の臨時会を開会し、補正予算を含め180件の議案等を議決するなど、速やかな議会運営を行ってまいりました。
複雑化・多様化する諸課題に、迅速かつ的確に対応するためには、議会は効率的な議会運営とともに、民意を的確に区政に反映させるための取組を、一層進めていかなければなりません。

今後も、社会情勢の変化や 技術革新の潮流を捉えて的確に対応しながら、「区民とともに」の基本姿勢のもと、区民の皆様のご意見やご要望を真摯に拝聴し、地域の皆様の顔が見える絆づくりを進めてまいります。

最後に、皆様にお詫び申し上げます。
昨年11月に現職議員が逮捕・起訴されたことから、北区議会では、12月3日開会の本会議において辞職勧告決議を全会一致で可決いたしました。
12月3日以降、辞職を促すため議長・副議長で本人と複数回にわたり面談を行いましたところ、12月16日に辞職願が提出され、同日に辞職を許可しました。

区民の皆様及び関係各位に多大なご迷惑をおかけしましたことを、改めて心からお詫び申し上げます。

「一人ひとりが輝き、夢と希望が持てる北区」の実現に向け、区民の皆様の幸福を実現するために邁進することが、北区議会の「使命」です。
そして私たち区議会議員は、区民の皆様からの厳正なる負託に応え、北区の未来への展望を 切り拓いていくことが、議員の「責務」です。

本年も議員全員が一丸となって、区と力を合わせ、「新たな時代に 未来への希望を紡ぐ ふるさと北区」を実現するため、区議会としての「使命」と「責務」を真摯に果たしてまいります。
皆様の更なるご理解とご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

結びに、本年がより良い1年となりますことを、心よりご祈念申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

関連リンク:令和4年「年頭のご挨拶」の動画配信について

榎本 一議員の辞職について(令和3年12月16日)

北区議会では、榎本 一議員が令和3年11月10日に覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕され、11月30日に起訴されたことから、12月3日開会の本会議において、榎本議員に対する辞職勧告決議を全会一致で可決いたしました。
12月3日以降、議長・副議長で辞職を促すために榎本議員と複数回にわたり面談を行い、12月16日に榎本議員から議長あてに辞職願が提出され、同日に辞職を許可しました。
区民の皆様及び関係各位に多大なご迷惑をおかけしましたことを、心からお詫び申し上げます。
議員一人一人が議員の職責を深く認識し、区民全体の奉仕者として人格と倫理の向上に努めるとともに、区民の皆様から託されている思いを胸に刻み、皆様から真に喜ばれる区政の実現を目指し、議員一同、一層努力してまいります。
今後とも、皆さまのさらなるご理解と、ご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

辞職勧告決議を議決しました(令和3年12月3日)

本日、北区議会として、榎本一議員に対する辞職勧告決議を、全会一致で可決いたしました。
榎本議員は、令和3年11月10日に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕され、11月30日に起訴されました。
改めて、区民の皆様及び関係各位に多大なご迷惑をおかけしていますことを、心からお詫び申し上げます。
このような事件は、北区と北区議会の名誉を傷つけるにとどまらず、北区議会に対する区民の信頼を著しく失わせるもので、極めて重大な問題です。
議員は、区民からの厳粛な信託を受けた立場と職責を深く認識し、その品位と名誉を損なう一切の行為を慎むとともに、区民全体の奉仕者として人格と倫理の向上に努めなければなりません。
法令に違反し、さらには議会に対する信頼を著しく失墜させる行為を行った議員は、自らの意思により社会的、道義的責任をとり、直ちに議員の職を辞することが必要であると考えます。
逮捕後、弁護士を通じて辞職を促してまいりましたが、榎本議員からの回答はありませんでした。
そのため北区議会として、本日、辞職勧告決議を可決したところです。
今後につきましては、榎本議員に対して引き続き辞職を促すとともに、議員一人ひとりが議員の職責を深く認識し、区民全体の奉仕者として人格と倫理の向上に一層努めてまいります。
今後とも、区民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

北区議会議員の逮捕について(令和3年11月11日)

令和3年11月9日に北区議会榎本 一議員が覚醒剤を使用した疑いで逮捕されたと報道され、このことは極めて遺憾であり、区民の皆様並びに関係各位に深くお詫び申し上げます。
逮捕にかかる詳細につきましては、現時点では、報道以上の情報を把握できておりませんが、このようなことは北区議会議員として、あってはならないことであります。
今後、北区議会としては、事実確認をしたうえで、厳正に対処をしてまいります。

正副議長就任の挨拶(令和3年5⽉21⽇)

名取ひであき議長コメント
このたび議長に選出されましたことを、誠に光栄に存じます。今後も、小田切かずのぶ副議長とともに、二元代表制の一翼として、喫緊の課題である新型コロナウイルス感染症対策をはじめとして多様化する課題に真摯に取り組み、区民の皆様に信頼される議会運営に全力で取り組んでまいります。併せて、区民の皆様のご意見・ご要望をしっかりと受け止め、皆様から真に喜ばれる区政の実現を目指してまいります。

小田切かずのぶ副議長コメント
このたび、副議長に選出され、大変身の引き締まる思いでございます。また同時に、その責任の重大さを痛感いたしております。名取ひであき議長を支え、区民の皆様に信頼される区議会の運営に努めてまいります。そして、北区の益々の発展と、急がれる新型コロナウイルス感染症対策をはじめとする諸課題の解決に向けて、全力を尽くしてまいる所存です。

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種について(令和3年5月18日)

5月6日(木曜日)より、75歳以上の皆様の新型コロナワクチン接種の予約受付が始まりました。当日以降多くの区民の皆様から「電話が繋がらない」「聞き取りにくい」「インターネット手続きが分かりにくい」など多数のご意見を、議会にお寄せ頂いています。

区民の皆様が、ご不安を抱えながらお問い合わせいただいているのにも関わらず、スムーズな対応が出来ていないことを心からお詫び申し上げます。

北区議会では、北区方式と言われる接種方法などの報告を受けるとともに、接種に向けての様々な課題を議論し検討を進めて参りました。
現在も電話回線の増強、インターネット予約システムの改修やサーバーの増強など、その他自治体の事例も参考にしながら、区民目線での利用し易い予約システムへの対応を逐次行なっています。
しかしながら、それでもなお円滑な受付には至っていない状況です。

5月24日(月曜日)からは65歳以上の皆様に接種予約が拡大されますが、報道のとおり、一時期に多くの皆様が電話やインターネットにアクセスしますと回線に制限がかかります。

ワクチンの量は、皆様に行き届く様に充分確保出来る予定です。ご不安な状況は充分理解していますが、受付開始と同時に予約をなさらなくても、必ず接種出来る事を、あらためてご案内したいと思います。

区職員も議会も、区民の皆様の安心と安全の確保に向けて、懸命に対応している事を最後にお伝えしたいと思います。

区民の皆様におかれましては、日常生活の中で、対処出来る感染症予防対策をしっかり行っていただくことをお願いするとともに、北区・北区議会も1日も早い感染症の収束を目指し、引き続き努力してまいりますので、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年度

令和3年議長の年頭挨拶(令和3年1月4日)議長の年頭挨拶(令和3年)

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
北区議会議長 渡辺 かつひろ でございます。

年頭にあたり、区議会を代表して、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

皆さまにおかれましては、「年末年始コロナ特別警報」が発出される中、ご自身の、そして大切な方の命を守るため、様々な対応のもと、新年をお迎えのことと存じます。

また、年末年始も命と暮らしを守るため、厳しい環境のもと、医療等に従事されている皆さまをはじめ、多くの方々に深く感謝し、心から敬意を表すものでございます。

区議会からのご挨拶も、この様に画面越しとなりますことを何卒お許しください。

そして、日頃より北区議会に対し、多大なるご理解・ご支援を賜り、誠にありがとうございます。
あらためまして厚く御礼申し上げます。

さて、今年はいよいよ、北区ゆかりの偉人、日本を代表する経済人の1人である渋沢栄一翁が主人公のNHKの大河ドラマ「青天を衝け」が、2月14日から放送の予定です。

北区では「渋沢×北区 青天を衝け 大河ドラマ館」をはじめ、渋沢翁にゆかりの深い飛鳥山周辺の整備や渋沢翁に因んだ各種の事業を進めております。

また、北区と東京ヴェルディ及び日テレ・東京ヴェルディベレーザは、令和2年7月31日にホームタウン活動における連携協定を締結いたしました。

さらに、フランス学園から要望書が提出されたことを受け、旧滝野川第六小学校跡地の利活用に向け、検討と協議を行っています。

区議会としても、北区を広く発信していくためにこれらの多くの好材料を活用しつつ、引き続き「都市ブランド推進特別委員会」の活動をはじめ、区と連携し様々な機会をとらえ、シティプロモーションの一層の推進、地域振興、地域の活性化のため、取り組んでまいります。

昨年を振り返りますと、令和2年という年はコロナウイルス感染症の対応に追われたような1年であったように思います。
最近ではやっとワクチンの開発などの朗報も聞こえてまいりましたが、先行きはまだまだ予断を許さない状況が続くものといわざるを得ません。

北区では、国、都の各種給付事業に併せて、新生児臨時特別給付金をはじめ、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、改装や設備購入を行った店舗や事業所にその経費の一部を補助する「新型コロナウイルス対策設備投資支援事業」などにも取り組んでいます。

区議会といたしましても、引き続き区と協力し、区民の皆さま、事業主の皆さまの声を区政に反映させるべく、創意工夫のもと、事業の一層の推進に取り組んでまいります。

そして、全力で地域産業の活性化に取り組み、活力あるまち北区、元気な北区を取り戻してまいります。

また区議会ではコロナウイルス感染症対策の一環として、本会議場、各委員会室などにアクリル板を設置するとともに、予算特別委員会、決算特別委員会では会場を委員会室から本会議場に移すなど、感染防止対策を徹底しつつ、密度の濃い審議を行っております。

今後も二元代表制の一翼としての役割を的確に果たし、区民の皆さまの声を区政により明確に反映させるべく、充分な感染防止対策を行い、円滑な議会運営を行ってまいります。

また昨年は熊本県を中心に九州や中部地方など日本各地で発生した「令和2年7月豪雨」や記録的猛暑に見舞われ、コロナ禍における北区の防災・減災対策等の課題が浮かび上がりました。
進展する少子高齢化や増大する社会保障費への対策、IT・ICTの活用、そして人生百年時代への取組み、更にはSDGs(持続可能な開発目標)への対応をはじめとして、北区が解決すべき課題が山積しています。

今後も「区民とともに」の基本姿勢のもと、地域の顔が見えるきずなづくりを進め、区民の皆さまが主役のまちづくりを推進するとともに、社会情勢の急激な変化や技術革新の波に的確に対応するため、令和5年度の策定に向けて着手した「新基本構想」の検討の時期を好機ととらえ、感染症終息後の新しい社会を創造し、社会変化のスピードに乗り遅れない仕組み作りのための検討を進めてまいります。

そして、防災・減災の課題解決や待機児童の解消をはじめ、高齢化の進展、本格化するまちづくりへの対応など、地域課題の解決と新たな時代への対応に向けて、精力的に取り組んでまいります。

そして、区民の皆さまからの厳正なる負託に応え、北区の未来への展望を切り開いていくことが、私たち区議会議員の責務であると決意を新たにしているところです。

本年も議員全員が一丸となって、議会のより一層の活性化に全力を尽くすとともに、区と力を合わせ「新たな時代に 未来への希望を紡ぐ ふるさと北区」を実現するため、感情論ではなく、財源など根拠に基づく政策、事業の推進と課題の解決に向けて、これまでにも増して、真摯に取り組んでまいりますので、皆さまのさらなるご理解とご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

結びに、本年がより良い1年となりますことを心よりご祈念申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

関連リンク:令和3年「年頭のご挨拶」開催中止に伴う挨拶動画の配信について

正副議長就任の挨拶(令和2年5月20日)

渡辺かつひろ議長コメント
議長の職責2年目となり、厳しい社会情勢下でのスタートとなります。坂口勝也副議長とともに、二元代表制の一翼をしっかりと担い、「ふるさと北区」の実現を目指します。まずは、区内経済対策の実施により、区民の生活基盤の確保に努めます。そして、持続可能な行財政運営のための改革が急務であり、現在の社会情勢をしっかり受けとめ、「北区基本計画2020」や「中期計画」等の見直しも視野に入れ、皆さまから信頼される議会運営に努めてまいります。

坂口勝也副議長コメント
このたび、副議長に選出され、責任の重さを痛感するとともに、大変身の引き締まる思いでございます。2年目を迎える渡辺かつひろ議長を支え、区民の皆さまに信頼される区議会として、厳しい社会情勢のもと、一層複雑化、多様化する北区の諸課題の解決と、より一層の区民福祉の向上のため、効率的かつ的確な議会運営を目指し、全力を尽くしてまいる所存でございます。

新型コロナウイルス感染症への対応について(令和2年4月28日)

新型コロナウイルス感染症対策では、多くのみなさまにご理解、ご協力を頂きありがとうございます。また、感染されましたみなさまにはお見舞い申し上げるとともに、一日も早いご快復を祈念いたします。

北区議会では、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、区民のみなさまの状況や声を、的確に区政に反映させるため、40名の議員の意見・要望を取りまとめ集約し、効率的、効果的に区へ伝えていくことといたしました。

北区議会は、今後も区民のみなさまの声を区政に反映させるべく、二元代表制の一翼を担う区議会としての役割を最大限に活かし、区長部局と協議、連携を行いながら、一日も早く、区民のみなさまの安全・安心、活気あふれる北区を取り戻せるよう、全力で努めてまいります。

令和元年度

正副議長就任の挨拶(令和元年5月22日)

渡辺かつひろ議長コメント

このたび議長に選出され、誠に光栄に存じます。今後は、古田しのぶ副議長とともに、区民の皆様の要望をしっかりと受け止め、その負託と期待に応えてまいります。そして、二元代表制の一翼を担う議会の役割を十二分に果たすとともに、議会制民主主義に則った議会運営に努めてまいります。

古田しのぶ副議長コメント

副議長に選出され、大変身の引き締まる思いです。また、同時に、その責任の重さを痛感しております。渡辺かつひろ議長を支え、区民の皆様に信頼される区議会として、これまでにも増して公正かつ円滑な議会運営に努めてまいります。

平成30年度

正副議長就任の挨拶(平成30年5月25日)

榎本はじめ議長コメント

今後も、稲垣浩副議長とともに、区民の皆様のご意見・ご要望をしっかりと受け止め、皆様から真に喜ばれる区政の実現を目指してまいります。前年度に引き続き、二元代表制の一翼として、区民の皆様に信頼される議会運営に努め、「一人ひとりが輝き、夢と希望が持てる北区」の実現に向け、全力で取り組んでまいります。

稲垣浩副議長コメント

このたび、副議長に選出され、大変身の引き締まる思いでございます。また同時に、責任の重さを痛感いたしております。2年目を迎える榎本はじめ議長を支え、区民の皆様に信頼される区議会として、北区の発展、諸課題の解決に向けて全力を尽くしてまいる所存でございます。

平成29年度

正副議長就任の挨拶(平成29年5月23日)

榎本はじめ議長コメント

このたび議長に選出され、誠に光栄に存じます。今後は、宮島修副議長とともに、区民の皆様の要望をしっかりと受け止め、その負託と期待に応えてまいります。そして、二元代表制の一翼を担う議会の役割を十二分に果たすよう取り組んでまいります。

宮島修副議長コメント

副議長に選出され、身に余る光栄に存じます。また同時に、その責任の重さを痛感いたしております。榎本はじめ議長を支え、区民の皆様に信頼される区議会として、これまでにも増して公正かつ円滑な議会運営に努めてまいります。

平成28年度

正副議長就任の挨拶(平成28年5月23日)

やまだ加奈子議長コメント

今後も、近藤光則新副議長とともに、区民の皆様の要望をしっかりと受け止め、その負託と期待に応えてまいります。前年度に引き続き、二元代表制の一翼を担う議会の役割を十二分に果たすとともに、議会制民主主義の原則に則り、公正かつ円滑な議会運営に努め、議会改革にも積極的に取り組んでまいります。

近藤光則副議長コメント

このたび副議長に選出され、誠に身に余る光栄に存じます。また同時に、責任の重大さを痛感いたしております。2年目を迎えるやまだ加奈子議長を支え、今まで以上に区民の皆様に信頼される議会を目指してまいります。

過去の「議長からのメッセージ」

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区議会事務局

電話番号:03-3908-9948