ホーム > 区政情報 > 施策・計画 > 行政評価 > 令和元年度事務事業評価の概要

ここから本文です。

掲載開始日:2016年10月20日

最終更新日:2019年11月25日

令和元年度事務事業評価の概要

事務事業評価とは、区の仕事を担当職員が振り返り、今後の方針を考えていくというものです。これは、限られた財源をより効果的に活用し、よりよい北区を創造していくための取り組みです。

対象

今年度より、評価対象事業を中期計画事業とし、簡易評価を行っています。また、重点評価については、中期計画への掲載の有無に関わらず、昨年度までと同様に2年目、5年目を迎える事業に加え、10年目を迎える事業も対象とし、実施しています。

今年度の評価対象事業は148事業です。

方法

事務事業評価では、事業にどのくらいお金を投入したかだけではなく、その事業本来の目的をどのくらい達成できたか(成果)にも着目し、その達成度を数値化して検証します。

まず、事業の目的・対象者等を振り返り、事業にかかるコストを把握します。次に、事業の成果・効率性を計る指標と今後の目標値を設定し、そのうえで、事業課長が一次評価を行います(簡易評価)。

評価では、来年度の事業の方針「維持・推進、縮減、拡充、休止、終了、再開、その他(他事業との統合など)」を示しています。

さらに、一部の事業は、事業部長・政策経営部長による二次評価も行います(重点評価)。今年度の重点評価では、始まって間もない事業(今年度2年目の事業)、一定程度進捗した事業(今年度5年目の事業)及び長年に渡り実施してきた事業(今年度10年目の事業)を選び、事業の実施方法等について検証しました。

結果

全体の約81%(120事業)が、「維持・推進」と評価されました。

公表について

評価結果は、ホームページ以外に下記の場所で閲覧することができます。

公表場所

  • 区内図書館
  • 地域振興室
  • 区政資料室(区役所第一庁舎1階)

公表資料

  • 事務事業評価令和2年度方針一覧

添付ファイル

事務事業評価令和2年度方針一覧(PDF:917KB)

関連リンク

北区中期計画(平成29年度~31年度)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:政策経営部経営改革・公共施設再配置推進担当課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階15番

電話番号:03-3908-9334