ホーム > 暮らし > ごみ・資源 > 集合住宅及び事業用建築物を建設予定の皆さまへ > 保管場所の設置について > 大規模建築物(集合住宅・事業用建築物)における廃棄物保管場所等の設置(3,000平方メートル以上)

ここから本文です。

掲載開始日:2013年8月1日

最終更新日:2021年10月7日

大規模建築物(集合住宅・事業用建築物)における廃棄物保管場所等の設置(3,000平方メートル以上)

延べ床面積が3,000平方メートル以上の大規模建築物の場合

廃棄物の保管場所が必要となります。

3階かつ15世帯以上で、延べ床面積が3,000平方メートル以上の集合住宅の場合

資源の保管場所が必要となります。

事業用途に供する部分(住宅部分は除く)の床面積の合計が3,000平方メートル以上の建築物の場合

再利用対象物の保管場所が必要となります。

大規模建築物を建設しようとする人は、

  1. 建築確認申請前に清掃事務所と協議の上、
  2. 再利用対象物保管場所・廃棄物保管場所・資源保管場所設置届を

提出してください。

なお、申請、相談等で清掃事務所へ来所される場合には、事前に電話連絡をお願いします。

「設置届提出時期及び作成要領」はこのページ下段<添付ファイル>よりダウンロードできます。

<添付ファイル>

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生活環境部北区清掃事務所作業第一係

東京都北区豊島8-4-3

電話番号:03-3913-3141