ここから本文です。

最終更新日:2021年4月15日

校長挨拶

「自ら育つ子」を育てる西浮間小学校                  校長 小島 みつる

 

 西浮間小学校ホームページへようこそ。kojima01

 本校校長の 小島 みつる です。西浮間小学校は令和元年度に創立60周年を迎えました。人の60歳と言えば還暦です。還暦とは干支が一巡して戻ることから「第二の人生に生まれ変わる」という意味もあるそうです。西浮間小学校も、これまでの教育活動を生かしつつ、新たな時代を生きる子供の育成を目指してまいります。

 

 新たな学校教育目標

   「自ら育つ子」

を目指し、自ら育つために必要な力を「自主性」「想像力」「主体性(自己決定力)」「創造力」「協調性(よりよい人間関係形成)」の5つに絞り、全学校教育を通じた重点指導としてまいります。

 西浮間小に学ぶ子どもたち一人一人が、自分のよさや可能性を認識するとともに、自分以外の人には思いやりの気持ちをもって価値ある存在として尊重し、多様な人々と協働しながらこれからの様々な社会的変化を乗り越え、豊かな人生を切り拓いていく人になるよう、日々の教育活動を進めてまいります。         

   今年度もどうぞ、よろしくお願いいたします。

令和3年4月1日
 

◆学校概要

 本校は、昭和34年10月、それまでの浮間小学校分校から「東京都北区立西浮間小学校」として浮間4丁目に誕生し、旧校舎で49年の歴史を重ねました。平成21年3月、現在地に新築された新校に移転し、今年度で創立62年を迎えます。

 浮間の地に産声を上げた当時、本校の周囲に人家は少なく、埼京線も開通される前で、学校の施設や設備も十分ではありませんでした。しかし、学校の誕生を待ちわびた地元の方々の温かな思いと、街の発展とともに保護者・地域の皆様の並々ならぬご支援を賜る中で、本校の半世紀超にわたる輝かしい歴史を積み重ねてまいりました。

  近隣には、都立浮間公園、東京都水再生センター、北区桜草圃場、北区釣堀公園、荒川、新河岸川などがあり、天気の良い日には富士山を眺められるなど自然豊かであり、季節の花々と緑に恵まれた落ち着いた雰囲気の町並に囲まれています。

 地域のさくら草保存会の皆様のお力添えをいただき、「さくら草一人一鉢栽培活動」を進めており、今年も、赤・白・ピンク・薄紫の可憐な花をたくさん咲かせることができました。校庭にはさくら草の圃場もあります。

 

◆今年度の教育活動

 本校の子供たちは、明るく素直で子供らしく元気いっぱいです。加えて、集団活動では規律正しく私語を慎み話をしっかり聞く姿勢が身に付いており、きちんと自分の行動を律することのできる子供たちです。この子供たちの良さをさらに伸ばし、確かな学力と、豊かな人間力、健全な体力・気力を育成し、向上心をもった「自ら育つ子」を目指してまいります。

 小学校で学ぶ6年間は、人間として生きる礎を築くもっとも大切な時期だと考えます。中学・高校・大学では見られないさまざまな成長があります。幼児から少年・少女へと変化する身体の成長はもちろん、自分から自分以外の人へ、家族から友達へと関心が広がる心の成長や、幅広く体系的となる学力の成長など目覚ましいものがあります。だからこそ、小学校教育は大切なのです。

 この大切さの自覚と責任をもって、これまでの西浮間小の伝統を受け継ぎながらも、積極的に新しい教育の流れを取り入れ、保護者の皆様や地域の皆様と協力してより良い西浮間小学校を目指し、教職員全員で取り組んでまいります。

 今年度の教育活動の重点を
 「自主性と創造力の育成」とし、育てる子供の具体的姿を以下にまとめました。
   ◎自分から考え、考えたことを生かし、行動できる子 (重点)
   ◎自分のため、人のため、みんなのために頑張れる子
   ◎自己有用感をもち、互いの良さを認め合う子ども
   ○相手の立場に立って考え、人の思いを想像できる子
   ○見通しを持って物事に主体的・協働的に取り組む子
   ○どんなときにも命と身体を大切にし、自分をよりよく鍛えられる子
   ○気持ちよいあいさつと、適切な言葉遣いができる子


 今年度も「チーム西浮間」として教職員が一丸となり、子供たちの意欲と頑張りを最大限に発揮させ、さらに高めていくことができるよう、681名の子供たち一人一人を大切に、一人一人が活躍できる学校教育活動を進めてまいります。今後とも保護者、地域の皆様のご支援ご協力を、よろしくお願い申し上げます。

 

お問い合わせ

東京都北区立 西浮間小学校

北区浮間2-7-1

電話番号:03-5915-0133

ページの先頭へ戻る