ここから本文です。

最終更新日:2019年4月22日

教育方針・目標

学校経営計画

1.目指す学校像〈学校経営の理念〉

「チーム王三」で『楽しみな学校』づくりを目指す学校像

 学校の役割は、その地域に生活する子どもたちに生涯にわたって

生きるための力、確かな学力・豊かな心・体力健康等を身に付ける

ことである。

 しかし、その目的も学校だけでの達成は困難であり、家庭・地域

による教育、そして学校による三者の連携、チーム王三の結束が

あってこそ、達成につながる。

 その中の「学校」は、関わる全ての人にとって「楽しみ」な存在である。

 ○子供にとって…どの子にも活躍する場があること、そして、登校することが楽しみ

 ○家庭にとって…子どもを安心して通わせること、そして、子どもの成長を感じる楽しみ

 ○地域にとって…教育活動にかかわること、そして、信頼でき発展が見えることが楽しみ

 ○教職員にとって…自己の資質の向上に常に努力しここで働くこと、その結果、子どもが

          成長することが楽しみ

 「チーム王三」は、これらを実現するための大切な絆であり、地域の宝、未来の希望である

子供たちの健全な成長のため、協働の精神でその絆を強く太くしていく。

2.目指す児童像〈王三小の教育目標〉

  1. 元気な子…明るく元気な子 → 本年度の重点とする
    • 規則正しい生活習慣を身に着け、安全な生活を送ろうとする児童
    • 進んで運動に取り組み、体力の向上、健康の保持・増進に努力する児童
  2. 考える子…今だけでなく先を見通して考える子
    • 基礎的な学習内容を習得し、問題解決に活用できる児童
    • 話をしっかりと聞き、自分で解決方法を考え、見通しをもって行動できる児童
  3. やりぬく子…最後まであきらめずにやりぬく子
    • 自己や集団の目標達成に向けて主体的に行動をし、粘り強くやりぬく児童
    • 困難な問題にくじけず立ち向かい、克服しようと繰り返し取り組む児童
  4. 仲よくする子…誰とでも仲よくする子
    • 自他を尊重し合い、周囲のすべてを大切にする児童
    • 互いに助け合い、支えあい、励まし合う児童

3.中期的目標と方策

◎「チーム王三」チームづくりに取り組み、保護者・地域と共に歩む学校経営を構築する。
  ・地域や保護者、並びに現代のニーズに合わせた教育の実践を展開し、時代に合わせた聞く耳を

  持つ学校現場を目指す。

 ・学習指導要領に示されている生きる力、豊かな心を育む教育を目指し、王三小ならではの

  創意工夫を生かした特色ある教育活動を実施する。

 ・柔軟できめ細かな指導を目指し、基礎・基本を大切にした学習活動を展開することにより

  学力の定着を図り、子供たち一人一人の達成感を高め、意欲的な活動を支援する。

 ・人として、互いの価値観を認め合うことのできる豊かな人間性を育成する学校教育の実現を

  推進する。

4.今年度の具体的な取り組み(概要)

◎今年度は、本研究に関して北区教育委員会より3年間の研究指定校を受けた最終年度となる。

 日常の生活の中で、運動、保健、食育の視点から体力向上、健康増進の大切さに気付かせ、

 自己管理できる資質・能力を醸成することを目指してきた。今年度は、本研究の集大成として、

 これまで2年間の研究の成果を生かしながら、まとめの研究に全校体制で取り組むとともに、

 研究発表会で研究内容を多くの区内外の教員に伝え、北区・東京都の体育・健康教育の推進に

 貢献していく。


(1)育ち・学びを支える教育の充実

 ◎小中一貫教育を推進し、児童の学びの継続を図るために

  ・授業力の育成を中心とした教職員の資質向上

  ・十条富士見中サブファミリーとの連携のさらなる強化と研究授業の充実


(2)確かな学力の定着(学習指導を通して)  

 ◎基礎・基本の定着を図るために

  ・基礎、基本の確実な定着を目指す指導の充実(少人数・個別指導)、授業規律の徹底
  ・読書、読み聞かせ、新聞購読、詩の暗唱、読書貯金、児童との会話活動、PTA活動による

   漢字検定の実施等、文字・文章に触れる様々な表現の場の設定と時間の確保

  ・朝学習の時間の活用、学力フォローアップ教室、放課後学習、家庭学習等、補充学習の充実

  ・東京ベーシックドリルの活用等を通した一人一人の学力アップのための課題提示


(3)豊かな心の育成(道徳教育・生活指導等を通して) 

 ◎思いやりの心や社会性、規範意識を育むために

  ・人と人とのかかわりを重視した活動を通した他者を思いやる心や他を分かる心の育成

   (「いじめはあってはならないこと」徹底した指導を通して『いじめゼロ』を目指す)

  ・「3つのあ」(あいさつ・あつまり・あとしまつ)の指導の徹底を通した基本的生活習慣の

   醸成と「あたり前」の状態としての定着

  ・特別の教科「道徳」をはじめとした全教育活動における道徳教育の充実

  ・教室環境や言語環境の美化、心の木(友達のよさを認める活動)の実践等から始まる

   「美しさを尊ぶ教育」の推進(きれいな言葉 きれいな心、きれいな学校)


(4)健やかな力を育てる

 ◎生涯にわたる自分自身の健康づくりに関心をもたせ、実践につなげるために

  ・生活習慣や運動習慣等の定着に関する研究の実践(運動・保健・食育の3つの分野からの

   すくすくプロジェクトへの取組)

  ・運動…2分間のラン&ラン、すくすくタイム等、全校での運動への日常的な取組

  ・保健…うがい・手洗い等の実践の徹底と体と心の健康についての知識と技能の習得

  ・食育…栄養素を考え何でも食べられるようにする態度と食への興味・関心の育成

  ・体育科学習の充実と体育朝会等、体育的活動の工夫を通した運動に親しむ態度と運動に

   日常的に取り組む習慣の醸成


(5)個に応じた教育の推進

 ◎個々のニーズに応じた支援をするために

  ・教職員の児童理解を深める生活指導夕会の充実と研修機会の設定

  ・関係諸機関との連携を密にし、特別支援教育コーディネーターを中心としてSC、巡回指導

   教員と共に情報を共通理解できる校内委員会の活性化

(6)グローバル社会で活躍できる子どもの育成

 ◎総合的な学習の時間を中心に、主体的な行動を身に付けさせるために

  ・新学習指導要領への円滑な移行を目指したコミュニケーション能力の向上を図るための

   外国語学習・環境学習・情報教育・図書館教育の充実

  ・来年に迫った東京オリンピック、パラリンピック大会に向けた本格的、具体的な

   カリキュラムの作成と国際的な感覚やスポーツに対する理解、共感、憧れ等の醸成

王子第三小学校いじめ防止基本方針

 王子第三小学校いじめ防止基本方針

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

東京都北区立 王子第三小学校

北区上十条5-2-3

電話番号:03-3907-2355

ページの先頭へ戻る