ここから本文です。

最終更新日:2021年8月3日

議員の仕事

区政のチェック機能

議会日程以外でも、日常的に区政が正しく運営されているかどうかを調査したり、事務の内容を検査することも議会の大切な仕事のひとつです。監査委員に監査を求め、実情を調べてもらうこともあります。本会議で「一般質問」を行ったり、また委員会で報告を受けて質問や提案をして、区政をチェックしています。

住民意見の把握

議員は区民の代表として、区民の意見を聞いたり、相談に応じたりして、区に対する要望を把握することに努めています。
また、区民が議会に提出する請願の紹介議員となることがあります。

議員の調査研究活動

議員は、議会日程以外でも、日常的に区役所の仕事を把握し、区民の意見を聞くことで、区政の問題点や課題を見つけて新しい施策を提案するなど、区政に関する調査活動や研究活動を行っています。

条例の提案

区の仕事は法律、条例、規則などに基づいて行われています。区の条例は区長と議員の双方が提案する権限を持っています。
議員が提案する場合、議員定数の12分の1以上(北区議会においては4人以上)の議員の賛成が必要です。
また、委員会からも提案することができます。

意見書の提案

議会は公益に関することについて、国、都などの関係行政機関及び国会に意見書を提出することができます。議員及び委員会は、意見書を議会に提案することができます。

会議への出席権・発言権・質問権・賛否の意思表明権

会議に出席して発言・質問したり、議題に対する賛否の意思を表明することは、議員として、最も基本的で重要な権利です。
議員は、本会議の一般質問などによって区の仕事全般について区長などに報告や説明を求めることができます。

任命・選任の同意、選挙

区長が、区の重要な役職(副区長、教育長、教育委員会委員、監査委員)に就く人を決める際に、議会として同意するかどうかを決めます。
また、区民の中から区の選挙管理委員を議会の選挙で選びます。

お問い合わせ

所属課室:区議会事務局議事調査係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎4階

電話番号:03-3908-9948