ホーム > 子育て・教育 > 手当・助成 > 特別児童扶養手当 > 特別児童扶養手当(申請後の変更手続)

ここから本文です。

掲載開始日:2012年9月18日

最終更新日:2019年2月26日

特別児童扶養手当(申請後の変更手続)

申請後、下記事項に変更があった場合は、必ず子育て給付係窓口(第一庁舎2階6番)へ届出ください。特別児童扶養手当証書印鑑をお持ちください。

  1. 住所の変更があった場合(区内へ転居。または区外へ転出した場合)
  2. 氏名の変更があった場合(戸籍謄本が必要となります)
  3. 振込先金融機関や、口座番号等が変更になった場合
  4. 児童の障害の状態が変わった場合
  5. 出生、死亡または児童と別居したときなど、養育関係に変更があったとき(状況に応じて書類が異なります。詳しくはお問合せください)
  6. 世帯構成に変更があった場合(手続きが必要になる場合があります。詳しくはお問合せください)
  7. 辞退届を提出する場合 (所得超過の状態が続いていることにより手当が支給されていない場合や、障害等の状態が受給要件を満たさないと見込まれる場合は、辞退届を提出することにより受給資格を喪失することもできます。) 

こんな時は手当が受けられません

申請後に下記の項目に該当した場合、受給資格が無くなりますので子育て給付係まで必ず届け出てください。届出をしないまま手当を受けていますと、事由が発生した月の翌月から受給していた手当を後で返していただくことになりますので、ご注意ください。

  1. 児童が児童福祉施設に入所した場合。(母子生活支援施設、保育園または児童福祉施設通園は除く)
  2. 児童が障害を支給事由とする公的年金の給付を受けるようになった場合。
  3. 児童が児童福祉法に規定する里親に委託されるようになった場合。
  4. 請求者または児童が日本国内に住所を有しなくなった場合。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局子ども未来部子ども未来課子育て給付係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階6番

電話番号:03-3908-9096