ここから本文です。

掲載開始日:2010年7月20日

最終更新日:2020年8月18日

北区緑の基本計画2020

「北区緑の基本計画」とは

緑の基本計画とは、都市緑地法に基づき、区市町村が策定する計画で、都市公園の整備・管理の方針や樹林地などの緑地の保全、緑化の推進に関するマスタープランとなるものです。

北区では、昭和59年に「北区緑の基本構想」を策定し、昭和60年に「東京都北区みどりの条例」を制定しています。昭和62年には、同条例に基づく「みどりの保護と育成に関する計画」として、「北区緑の基本計画」を策定し、平成11年および平成21年には、都市緑地法の改正を踏まえ、その内容をさらに見直す改定を行っています。

そして前回の改定から10年が経った今、前回の「北区緑の基本計画」の理念を基本としながら、新たな課題に取り組むための基本指針として、「北区緑の基本計画2020」(以下では単に「北区緑の基本計画」と呼びます)を策定しました。

「北区緑の基本計画」の概要

今回の改定のポイント

  • 緑の「質」の向上
  • 計画目標の追加
  • 「生物多様性地域戦略」の策定
  • 魅力ある公園の確保、充実
  • 自然観察や環境学習の充実
  • わかりやすさと興味を持ってもらえる計画 

緑づくりの基本理念

「北区緑の基本計画」では、これまでの理念を引きつぎながら、人と緑の「つながり」というキーワードを取り入れ、『ひといきいき みどりいきいき 育てる つながる北区』をキャッチフレーズとして、区民・事業者・区の参加と協力のもと、さまざまな機能を有する緑を保全・創出することにより、より豊かな自然と快適な都市環境を次世代に引き継いでいきます。 

北区の緑づくりの基本方針

「緑づくりの基本理念」を実現するために、達成すべき課題を踏まえた「基本方針」を示しました。

  • 方針1.<地球環境保全>人と地球にやさしい緑づくり
  • 方針2.<生物多様性保全>生きもののにぎわいのある緑づくり 
  • 方針3.<レクリエーション>魅力ある公園やふれあえる緑づくり
  • 方針4.<景観形成>自然・文化を彩る緑づくり
  • 方針5.<防災>安全・安心を高める緑づくり
  • 方針6.<コミュニケーション>参加・協力・学びによる緑づくり

緑づくりの施策

基本方針に従い、将来像の実現に向け、北区が行う緑関連施策を、緑を守り育てる「緑を保全する施策」と、さらなる緑の拡大を図る「緑を創出する施策」、区民の緑づくりを支援する「緑とのふれあいの場と機会を広げる施策」の3つに大別して提示しています。

緑を保全する施策

  • 豊かな緑の保全
  • 水辺環境の保全
  • 生物多様性の保全と回復

緑を創出する施策

  • 公園・緑地の整備と改修 
  • 公園・緑地の管理と運営
  • まちなかの緑化の推進

緑とのふれあいの場と機会を広げる施策

  • 緑に関するコミュニケーション活動の活発化
  • 環境学習の推進と担い手の育成
  • 参加と協力の拡大

添付ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生活環境部環境課自然環境みどり係

東京都北区王子1-12-4 TIC王子ビル2階

電話番号:03-3908-8618