ホーム > 文化・観光・スポーツ > 観光・伝統工芸 > 観光 > 飛鳥山公園へ行こう!!

ここから本文です。

掲載開始日:2013年10月23日

最終更新日:2017年1月16日

飛鳥山公園へ行こう!!

飛鳥山舞台

飛鳥山公園の舞台

飛鳥山公園お城

子ども達に大人気のお城

東京都北区王子にある「飛鳥山公園」の魅力を紹介いたします。是非遊びに訪れてください。

飛鳥山公園は北区の人気NO1スポットです

江戸時代から庶民に花見の名所として親しまれてきた飛鳥山公園。北区を代表する公園として、区内外から訪れる人も多く人気があります。特に3月下旬から4月上旬の桜が満開の時期は、とても華やかになります。また、児童エリアや噴水の近くなどからは、子供達の歓声が聞こえてきます。

さらに、アスカルゴに乗車したり、D51や都電に乗って遊んだり、公園から複数の電車を見下ろせる場所があるなど、鉄道ファンにも人気があります。

詳しくは、飛鳥山公園Q&A(PDF:3,644KB)をご覧ください。

飛鳥山公園で季節を感じてください

飛鳥山公園と言えば桜が有名で、ソメイヨシノ・サトザクラなど約600本が植えられています。また、つつじも約10種・15000株が、さらに、京浜東北線沿いには、あじさいが約1300株植えられています。発芽・開花・新緑・落葉・枝幹など樹木の移り変わりを通して、1年の季節を感じてください。

詳しくは、飛鳥山の四季(PDF:4,731KB)をご覧ください。

あすかパークレールの「アスカルゴ」が人気です

飛鳥山公園に、平成21年7月、高齢者や障害者、ベビーカー利用者でも気軽に登れる自走式モノレール方式の斜行昇降施設「あすかパークレール」が誕生しました。車両は「アスカルゴ」と呼ばれて、子どもから大人まで人気があります。「アスカルゴ」は、車両がかたつむりに似ており、ゆっくりと飛鳥山の山頂目指して登る姿は、利用者から可愛いと好評を得ています。無料で乗車出来ることから、飛鳥山公園利用者やショッピング等で定期的に利用される高齢者もおり、着実にファンを増やしています。

運転時間は、午前10時から午後4時まで(強風等悪天候の場合は、安全確保のため運転を中止することがあります)

アスカルゴ

満開のつつじに沿ってゆっくりと登るアスカルゴ(無料で乗車できます)

  • 乗降場は、王子駅中央口を左折すると目の前に「飛鳥山公園入り口」と山頂に「飛鳥山山頂」があります。
  • 運転日は、12月29日から1月3日までを除く毎日です。ただし、保守管理などによる運休があります。
  • 保守日は、毎月第一木曜日です。点検整備のため10時から12時まで運行停止となります。
  • 詳しくは、あすかパークレールとアスカルゴ(PDF:5,200KB)をご覧ください。

飛鳥山公園はどこにありますか

駅からのアクセス方法

  • JR京浜東北線「王子駅」中央口か南口下車すぐ
  • 都電荒川線「飛鳥山」「王子駅前」下車すぐ
  • 北区コミュニティバス【Kバス】王子・駒込ルート[8][20]飛鳥山公園下車すぐ

駐車場(普通車21台、バス4台)もあります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:土木部道路公園課公園河川係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階16番

電話番号:03-3908-9275