ホーム > 文化・観光・スポーツ > 観光 > 観光 > 清野とおるさん・のらくろのデザインマンホール蓋

ここから本文です。

掲載開始日:2020年2月28日

最終更新日:2020年2月28日

清野とおるさん・のらくろのデザインマンホール蓋

デザインマンホール

北区では、東京都が実施する「デザインマンホール蓋を観光資源として活用したPR事業」により、2か所のデザインマンホール蓋を設置しました。
本事業によるデザインマンホール蓋とは、観光資源として活用する目的で、アニメ・マンガ、キャラクター等のコンテンツをデザインして製作する下水道マンホール蓋を指します。

デザイン・設置場所

 清野とおる

manhole-seino漫画「東京都北区赤羽」の著者で登場人物でもある清野とおるさん
ご本人をモチーフにしたマンホール蓋です。
清野さんは、自らの体験や取材をもとに赤羽の魅力を漫画で紹介。
赤羽の街は、一躍有名になりました。
また、北区のシティプロモーションポスター「住めば、北区東京。」
の制作にもご協力いただいています。
清野作品は、個性的でシュールな面がある一方、ほろりとした人情
味のあふれるタッチで赤羽の街そのものを象徴するような作風です。
本当に幸せになれるかどうかは分かりませんが、是非このマンホール
蓋を踏んで(ご本人切望!)、ハッピーでラッキーな赤羽を堪能して
ください!

○設置場所

 北区赤羽1丁目67番付近(線路ガード下)

akabane

○マンホールカードの配布

未定

2020年3月9日からの配布を予定しておりましたが、新型コロナウィルス感染拡大を防ぐ観点から、配布を当面見送ります。
配布開始につきましては、改めてお知らせします。

【お問い合わせ】
 東京都産業労働局観光部振興課
 電話:03-5320-4786
 http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/tourism/shisaku/kickoff/(外部サイトへリンク)

○設置開始
 2020年2月

○関連リンク
 北区のシティープロモーション

 

のらくろ

manhole-norakuro

漫画『のらくろ』シリーズの主人公のらくろ(本名:野良犬黒吉)
をモチーフにしたマンホール蓋です。
作者の田河水泡は、1929年から1931年まで田端に居住し、『のら
くろ』を発表。厳しい境遇にも負けず、自分の生きる道を切り開い
ていく姿は人気を博し、昭和初期を代表する漫画となりました。
明治から昭和にかけて文士や芸術家が暮らし、集った「田端文士芸
術家村」に、のらくろを探しに来てください!

 

 

○設置場所

北区田端5丁目4番1号(田端小学校のプール側の道路)

tabata

○マンホールカードの配布
 マンホールカードは制作されていません。

○設置開始
 2020年2月

○関連リンク
 田端文士村記念館(外部サイトへリンク)

 

マンホールカード

マンホールカードとは

下水道事業をPRするため、下水道広報プラットホーム(GKP)が企画監修のもと、日本各地のマンホールの蓋の図柄とその由来を紹介するコレクションカードです。

北区内の配布情報

現在、配布しておりません。

 

お問い合わせ

所属課室:政策経営部シティプロモーション推進担当課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1364

所属課室:地域振興部文化施策担当課 

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ10階)

電話番号:03-5390-0093