ここから本文です。

★要check‼★【最新の浮間中学校の様子はこちらから】 

 北区立中学校にお子様を通わせている保護者の皆様 (北区HPより)

 4月23日に、国は緊急事態宣言の発出を決定し、東京都は4月25日から5月11日まで、緊急事態措置として東京の人流を確実に抑えることを目的に、都民に対する日中も含めた不要不急の外出自粛や移動自粛、事業者に対する休業や営業時間短縮、イベント等の開催制限等の要請を実施しました。学校については、感染防止対策をより一層徹底しながら学校運営を継続することとしています。
北区教育委員会といたしましては、以下のとおり対応いたしますので、各家庭において、ご理解とご協力の程よろしくお願いします。

1 学校運営の基本方針

 「北区立学校等における『新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン』~令和3年度改訂版~(令和3年4月1日東京都北区教育委員会)」 の内容を原則としつつ、緊急事態宣言下においては、感染防止対策をより一層徹底して学校運営を実施します。なお、各校が臨時休業及び学年閉鎖・学級閉鎖になった場合を想定し、オンライン学習等の準備を進めます。

2 学校における生徒に対する指導

 以下のとおり、学校・園において指導を行います。

(1)基本的な感染症予防策の徹底

  • 3密の回避、正しい手洗い、咳エチケット(マスクの着用)
  • 毎朝検温、健康観察(体調不良等の症状が見られる場合は無理せず休養)
  • 登校時の健康チェック(登校前に検温、学校で確認の徹底)
  • 教室等における密集の回避(児童・生徒等同士の間隔を可能な限り確保)
  • 30分に1回以上換気
  • 教室等の消毒、アルコールを含んだ消毒液の設置(校内環境の管理)
  • 授業終了後の速やかな下校

(2)教育活動について

 感染症対策を講じてもなお飛沫感染の可能性が高い教育活動は、実施時期を変更するなどして、緊急事態宣言が解除されるまでは実施しません。

(3)部活動について

  • 緊急事態宣言が発令されている期間は、平日に限り実施可とします。(土日祝日の活動は中止)
  • 部活動を実施する場合、以下の感染症対策を一層徹底します。
  1. 感染リスクの高い活動は控えます。特に、接触等を伴う活動等において、可能な限りの感染症対策を講じても生徒の安全を確保することができない場合は自粛します。
  2. プレー中以外はマスクを着用するとともに、マスクを外す場面で円陣を組む等の発声は行いません。また、各競技専門部等が示しているガイドライン等に基づき、感染症対策を徹底します。
  3. 部活動実施前後の更衣等における会話は控え、部活動終了後は速やかに帰宅させます。
  4. 必要最小限の活動日数にするとともに、できるだけ短時間で合理的かつ効率的・効果的な活動になるよう配慮します。
  • 緊急事態宣言が発令されている期間は、区専門委員会等が主催する大会への参加、他校との練習試合・合同練習等は、中止します。
  • 特例として、中体連が主催する大会等(北区予選など)が、緊急事態宣言期間中に行われる場合は、その大会等への参加は可とします。なお、大会出場に登録する生徒に限定する等、必要最小限の人数で参加します。また、生徒及び保護者へ参加の同意を確認します。

(4)学校行事等について

  • 緊急事態宣言が発令されている期間は、生徒が学年を超えて屋内で一堂に集まって行う行事等は延期又は中止します。
  • 緊急事態宣言が発令されている期間の運動会等の体育的行事については、原則延期します。なお、学校の実情で時期の延期できない場合は、生徒及び教職員の健康を最優先として保護者等の公開はいたしません。
  • 緊急事態宣言が発令されている期間は、保護者を含め外部への授業公開、保護者会等は中止します。

(5)宿泊行事について

  • 北区教育委員会で所管する宿泊行事については、まん延防止等重点措置の適用や緊急事態宣言が発出されている場合及び当該学年で新型コロナウイルス感染症に伴う臨時休業(当該学年の学年閉鎖を含む)の措置を行っている場合は、中止とします。なお、中止の際は、宿泊を伴わない代替活動の実施可否を各学校で判断します。
  • 中学校第3学年で実施する「修学旅行」については、北区教育委員会で所管する宿泊行事の対応に準じるものとし、実施可否(時期の延期や実施内容の変更を含む)は、学校で判断します。
  •  中学校第3学年「修学旅行」を中止になる場合は、宿泊を伴わない代替活動を可能な限り設定します。

(6)校外学習について

 まん延防止等重点措置の適用や緊急事態宣言が発令されている期間は、公共交通機関を利用しての校外学習は中止又は延期する。移動手段が貸し切りの場合は、受け入れ先に確認の上、実施可とする。

※移動手段が貸し切りの場合は、受け入れ先に確認の上、実施します。

(7)昼食や休憩時間における感染症予防策の徹底

  • 喫食の際、マスクは喫食直前に外し、喫食後は速やかにマスクを着用します。
  • 生徒が対面して喫食する形態を避け、会話はしません。
  • 休憩時間は、大人数、大声、至近距離での会話はしません。

(8)健康診断について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、臨時休業や休校等が発生するなどやむを得ない事由によって延期する場合を除き、感染症対策を十分に行い実施します。

(9)放課後における感染症予防策及び生活指導の徹底

  • 放課後は速やかに下校・降園します。

3 家庭における感染症対策のお願い

 各家庭においては、以下のとおり感染症予防策の徹底をご協力願います。

  • 不要不急の外出自粛及び都県境を越える外出及び旅行や帰省はしないでください。
  • 昼夜、屋内外を問わず、家族以外の方との会食は自粛してください。
  • 3密の回避、正しい手洗い、咳エチケット(マスクの着用)
  • 毎朝検温、健康観察(※家族に何らかの症状が見られる場合は、無理せず登校させず休養させてください。この場合、各学校において、児童・生徒等の学習の保障を図ります。)
  • 十分な換気
  • 手が触れる場所などの消毒

4 問い合わせについて

教育活動、学校行事に関すること

 教育振興部教育指導課指導係 3908-9287

保健、給食に関すること

教育振興部学校支援課保健給食係 3908-9295

特別支援学級、巡回指導、通級指導、適応指導教室に関すること

教育総合相談センター 3908-9269

   

新型コロナウイルスによる差別・偏見防止に向けたメッセージ

 8月24日(月曜日)から夏季休業明けの授業が再開しました。今年度の夏休みは新型コロナウイルス感染症防止対策により通常より短い異例の期間でした。学校では、引き続き感染症防止対策を講じるとともに熱中症防止も並行して行ってまいります。引き続き、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 また、先日に新型コロナウイルス感染者への差別・偏見防止に向けた萩生田文部科学大臣のメッセージが公開されました。28日(金曜日)に各学級での指導をいたしましたが、地域・保護者の皆様にも、「感染者への差別や偏見、誹謗中傷などを許さないこと」、「感染した個人や学校を特定して非難するなど、周囲で差別につながる言動があった時は同調せず、やめるよう声を上げてほしい」と呼びかけています。内容をご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

 ★【文部科学省HPにリンク】文部科学大臣のメッセージ(外部サイトへリンク)

 

☆彡各種学習コンテンツの紹介

 現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点で政府から緊急事態宣言が発表され、学校が臨時休業中です。各所から、自宅で活用できる学習コンテンツが紹介されています。ぜひ、自分に合った学習方法を見付け、臨時休業中の学習サイクルを確立していきましょう。 ☆彡学習コンテンツの紹介はこちらから

 

インフルエンザ等の出席停止の解除届

 インフルエンザ等の防止のため日ごろから、手洗いとうがいの励行に努めるととともに、「朝昼夜3食しっかり食べる」、「睡眠時間を十分にとる」など規則正しい生活を心掛けてください。なお、インフルエンザ等の感染症に罹患したと医療機関から診断を受けた際は出席停止となります。以下の用紙に必要事項を記入の上、登校時に持参し学級担任にお渡しください。不明な点は、養護教諭までお問い合わせください。

 ★インフルエンザ等の出席停止の解除届の様式(PDF:161KB) 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

東京都北区立 浮間中学校

北区浮間4-29-32

電話番号:03-3967-0226

ページの先頭へ戻る