ホーム > 子育て・教育 > 手当・助成 > 子ども医療費助成 > 子ども医療費助成(令和5年4月から助成対象を高校生等まで拡大)

ここから本文です。

掲載開始日:2022年11月22日

最終更新日:2022年12月19日

子ども医療費助成(令和5年4月から助成対象を高校生等まで拡大)

現在、北区子ども医療費助成(マル乳、マル子)は0歳から中学校修了までのお子さんの健康保険適用分の医療にかかる自己負担額と、高校生等(15歳到達後最初の4月1日から18歳到達後最初の3月31日まで)の入院医療費について保険適用の自己負担額を助成しています。

令和5年4月診療分から子ども医療費助成が高校生等の通院医療費まで拡大されます

現行(~令和5年3月31日までの診療分) 改正後(令和5年4月1日診療分~)
小学校入学前までの乳幼児
→乳幼児医療費助成(マル乳)
(変更なし)
小学生、中学生
→義務教育就学児医療費助成(マル子)
(変更なし)
高校生等
→入院医療費の保険適用の自己負担額を助成

高校生等

→高校生等医療費助成(マル青(あお))医療証を発行します。
通院・入院にかかる医療費の保険適用の自己負担額を助成します。

(1)現在高校1、2年生相当(平成17年4月2日~平成19年4月1日生まれの方)

●申請が必要です。申請受付後、3月下旬以降にマル青医療証をお送りします。

(2)現在マル子医療証をお持ちの中学3年生(平成19年4月2日~平成20年4月1日生まれの方)

●申請不要です。令和5年3月下旬にマル青医療証をお送りします。

令和4年11月30日現在で北区に住民登録がある上記(1)及び(2)に該当する方には、令和4年12月15日(木曜日)付でご案内をお送りしております。令和5年12月1日以降北区に転入された(1)の方へは、順次申請書をお送りします。

高校生等医療費助成(マル青)の申請手続き等について【令和4年12月26日追加】

対象の子ども

北区に住民登録がある高校生等(令和5年4月1日現在、高校生等年齢相当に該当する方)が対象です。

高校生等とは高校生相当の年齢の方であり、高校等在学か否かを問わず、就労・婚姻していても対象となります。

対象者 申請と医療証

現高校1、2年生相当(平成17年4月2日~平成19年4月1日)生まれの方

申請が必要

現中学3年生(平成19年4月2日~平成20年4月1日)生まれの方

申請不要

申請者(助成対象者)

高校生等を養育する主たる生計維持者が申請者となります。
高校生等が誰からも監護されていない場合は、高校生等本人が申請者(助成対象者)となることができます。

ただし、養育している高校生等が次の場合は対象となりません。

  • 国民健康保険や健康保険など各種医療保険に加入していない場合
  • 生活保護を受けている場合
  • 児童福祉法に規定する施設に措置により入所している場合
  • 里親に養育されている場合

制度開始時期

令和5年4月1日診療分から

助成の範囲・使用方法

子ども医療費助成(マル乳、マル子)と同様になります。

東京都内の病院等の窓口に健康保険証と医療証を一緒に提示してお使いください。

詳しくは子ども医療費助成(概要)のページをご確認ください。

申請に必要な書類

助成対象者(現在高校1、2年生相当)の方には、令和4年12月中旬以降、順次申請書等を送付しています。

申請に必要な書類は下記のとおりです。状況によって別途追加で書類が必要となる場合がございますので、ご了承ください。

  1. 子ども医療証交付申請書(PDF:450KB)←クリックすると申請書ダウンロードのページへ移ります。裏面に記入見本もございますのでご参照ください。
  2. 対象となるお子さんの健康保険証のコピー

申請方法

原則、郵送での申請となります。
郵送の際は、同封の返信用封筒にて、子育て給付係宛てに上記1及び2の書類をお送りください。

令和5年3月下旬以降、順次マル青医療証を郵送します。

申請期限

令和5年2月20日(月曜日)

申請期限を過ぎた場合でも随時申請を受け付けいたしますが、マル青医療証を令和5年4月1日までにお送りできない場合がございます。

なお、転入の方は、転入日から3ヶ月以内に医療証の交付申請手続きをされた場合は転入日から助成対象となりますが、3ヶ月を経過した場合は、原則、医療証交付申請を受け付けた日から助成対象となります。早めのお手続きをお願いします。

東京都以外の国民健康保険組合等に加入されている方へ

高校生等が加入する健康保険が下記の種類の場合、制度上、病院などの窓口でマル青医療証を提示しても使用することができないため、医療証を発行しておりません。

  • 東京都外の国民健康保険組合
  • 東京都外の市区町村が扱う国民健康保険

(具体例)△△県土建国民健康保険組合、△△県医師国民健康保険組合など

一旦病院等の窓口で自己負担額をお支払いいただき、後日、子育て給付係へご請求ください。

詳しくは子ども医療費助成(現金支給請求)のページをご確認ください。

他の医療費助成について

ひとり親家庭等医療費助成(マル親)、心身障害者医療費助成(マル障)の医療証をお持ちの方

原則、マル青が優先となります。マル青医療証との併用はできません

令和4年11月30日現在、北区に住民登録がある方でマル親医療証またはマル障医療証をお持ちの方にもマル青申請書等をお送りします。

マル障医療証をお持ちの方は、引き続きマル障を希望する場合は申請不要ですが、マル青を希望する場合には申請が必要です。

難病医療費助成や自立支援医療等の受給者証をお持ちの方

マル青医療証との併用が可能です。

難病医療費助成や自立支援医療等の受給者証の使用後に生じた自己負担分を、マル青医療証から助成いたします。

問い合わせ先

<制度・申請等について>

「北区高校生等医療費助成専用コールセンター

電話番号:0120-956-978(受付時間平日9時から17時まで)

年末年始の令和4年12月29日から令和5年1月3日まではお休みとなります。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局子ども未来部子ども未来課子育て給付係

〒114-8546 東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階6番