ここから本文です。

掲載開始日:2014年4月3日

最終更新日:2021年7月27日

狭あい道路等拡幅整備事業のお知らせ

「記入例」リニューアルのお知らせ

記入例をリニューアルしました。

変更内容は、以下のとおりです。
 ・全体の文言及びレイアウトの修正
 ・チェックリストの項目を追加
 ・申請から現地立会いまでの流れを明記

手続きに必要となる書類・記入例(PDF:1,535KB)

※申請様式の変更を令和4年4月1日より予定しています。

狭あい道路等拡幅整備事業とは

このようなプレートを、ご近所の狭い道で見たことはありませんか?道幅がそこだけ広くなっていることがわかります。

これは、建築基準法で定められている道幅(4m以上)になるように、ご協力をいただいており、狭い道でも拡幅することにより日照や通風、避難路の整備など、住みよいまちづくりをめざしているものです。

これが、北区狭あい道路等拡幅整備事業というもので、みなさまが適法に建築されるように、建築主からの申請に基づいて、区が拡幅部分の整備工事や塀などの撤去費用の一部助成等でお手伝いをしています。

ただし、予算限度額を超えると、当該年度での工事できないケースがあります。

狭あい道路拡幅整備事業整備済プレート

※下記の添付ファイルの「設計者・代理者・建築主・土地所有者の皆さまへ」を必ずお読みください。
  
狭あい道路等拡幅整備事業についての注意点等が記載されております。

拡幅整備工事

建築基準法上の道路で、拡幅部分の道路の舗装、すみきりの整備などを行っています。これは、区の費用負担で工事をします。
ただし、道路と敷地に高低差がある場合は、敷地内で土留め等を申請者の負担で設置が必要となりますので、確認申請前にご相談ください。

後退整備事例

拡幅整備の申請

 拡幅整備の申請書は、建築確認済証交付後、速やかに提出してください。 

 手続きの流れについては、以下のとおりです。

 ~手続きの流れ~

  拡幅整備要綱確認・書類準備 ※ページ下部の添付ファイル1.2を参照

   ↓

  建築確認済証交付

   ↓

  狭あい道路等拡幅整備工事及び助成金の申請書類提出 ※ページ下部の添付ファイル3を参照

   ↓

  足場解体時期確定の7~10日前までに、現地立会い申し入れ ※ページ下部の添付ファイル3を参照

   ↓

  現地立会い(後退位置や支障物等を確認します)

   ↓

  拡幅整備工事開始・整備工事完了

   ↓

  区の完了検査後、助成金(対象者のみ)交付 

電柱の移設について

私道において、狭あい道路の拡幅整備後も電柱が残されることにより、緊急車両の通行の支障となる場合があります。路肩などへ移設のご協力をお願いします。
電柱の移設依頼先(PDF:199KB)は、東京電力やNTTなどの各管理者になります。
※工事費が発生する場合があります。

電柱移設写真

助成金制度

拡幅予定部分にある門や塀等を撤去する費用の一部を助成しています。(他の事業で助成金および補助金をもらっていない場合に限る)

また、角地で東京都建築安全条例によるすみきりの整備が必要な場合について、すみきりの築造に対して助成しています。(区で整備したものに限る)

  • 撤去費用:道路沿いの門・塀等の長さ(m)×5,000円
  • 角地整備:すみきりの数×120,000円

添付ファイル

  1. 設計者・代理者・建築主・土地所有者の皆さまへ(PDF:98KB)
  2. 東京都北区狭あい道路等拡幅整備要綱(PDF:78KB)
  3. 手続きに必要となる書類・記入例(PDF:1,535KB)
  4. 道路後退位置の高さの概略図(PDF:234KB)
  5. 狭あい道路等拡幅整備事業パンフレット(PDF:931KB)

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:まちづくり部建築課細街路整備係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎7階10番

電話番号:03-3908-9194