ホーム > 文化・観光・スポーツ > 文化・歴史 > 埋蔵文化財包蔵地の取扱い・届出

ここから本文です。

掲載開始日:2014年6月20日

最終更新日:2021年4月6日

埋蔵文化財包蔵地の取扱い・届出

周知の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲内で土木工事等を行う際は、事前に文化財保護法に基づく届出が必要となります。
詳細につきましては、03-3916-1815(埋蔵文化財担当)にお問い合わせください。

 

添付ファイル

上中里2丁目において開発行為等を予定されている方へ

上中里2丁目には国史跡である中里貝塚があります。現在「中里貝塚史跡広場」および「上中里2丁目広場」が史跡指定地となっており、この2箇所の史跡指定地付近には良好な状態で貝層が広がっていることが想定されます。地下に残されている貝層を保全し後世へ継承していくため、北区では「史跡中里貝塚保存活用計画」を策定し、史跡指定地周辺地域の取扱基準を定めています。開発行為等については事前にご相談ください。

史跡中里貝塚保存活用計画

※取扱基準については、第6章(60~66ページ)をご参照ください。

関連リンク

遺跡地図情報(東京都教育庁)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館事業係

東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園内

電話番号:03-3916-1133