ご利用案内

開館時間
10時~17時(16時30分まで受付)
※埋蔵文化財の届出等に関するお問合せ・受付
月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時
休館日
毎週月曜日
国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日に振替休館
年末年始(12月28日~1月4日)
臨時休館日
観覧料
一般 300円(団体240円)
※障害者手帳をご提示いただいた場合は、一般券を半額でご利用になれます。(障害のある方お一人につき、介助者1名まで観覧料が免除になります。)
65歳以上 150円
小・中・高 100円(団体80円)
※小学生未満は無料
※団体扱いは20名以上

ぼいす

ダイレクトメール

ここから本文です。

掲載開始日:

最終更新日:2015年4月23日

文化財説明板東灌森稲荷神社

*印の語句をクリックするとキーワード解説がご覧になれます。

文化財説明板東灌森稲荷神社の写真

太田道灌(*1)公が江戸築城の際、方除け守護神として江戸周辺に7つの稲荷社を祭ったと伝えられている即ち柳森稲荷社 烏森稲荷社 杉の森稲荷社 雀の森稲荷社 吾嬬森稲荷社 宮戸の森稲荷社 それにこの東灌森稲荷神社である。御祭神は生産の神、宇賀之御魂の大神で安政の頃から明治初年にかけてかなりの参詣者があったと云われている。

神社内にある御手清鉢台は、寛政6年9月奉納されたが文化11年正月徳川11代将軍徳川家斉公時代再建したもの。裏面に寄進した新吉原、下谷坂本、浅草聖天町、金杉、御歳町、田畑村の有志の氏名が刻まれてある。

文化財説明板設置場所

東田端1-11-1

散策のヒント

  • 文化財説明板
  • トイレ(東田端公園内)
  • ベンチ(東田端公園内)