ご利用案内

開館時間
10時~17時(16時30分まで受付)
※埋蔵文化財の届出等に関するお問合せ・受付
月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時
休館日
毎週月曜日
国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日に振替休館
年末年始(12月28日~1月4日)
臨時休館日
観覧料
一般 300円(団体240円)
※障害者手帳をご提示いただいた場合は、一般券を半額でご利用になれます。(障害のある方お一人につき、介助者1名まで観覧料が免除になります。)
65歳以上 150円
小・中・高 100円(団体80円)
※小学生未満は無料
※団体扱いは20名以上

ぼいす

ダイレクトメール

ここから本文です。

掲載開始日:

最終更新日:2015年4月23日

文化財説明板谷田川通り

谷田川通りの写真

谷田川通りは谷田川(やたがわ)が暗渠(あんきょ)となってできた通りです。谷田川は西ヶ原4丁目から流れていたものと推定され不忍池に注いでいた川で、藍染川とも呼ばれていました。この川に沿って、詩人の萩原朔太郎、画家の小杉放庵(未醒)、美術史家の岡倉天心、評論家の小林秀雄、詩人の室生犀星、文学者の平田禿木、歌人の林古渓が住んでいました。谷田川交差点のところに谷田橋が架かっていましたが、現在は田端八幡神社の鳥居の手前に埋められています。

谷田川通りの写真

説明板は田端区民センター入口の植込に設置されています。区民センター内にある田端図書館には田端文士村コーナーがあり、文士村に住んでいた文士たちの作品や文士村にかかわる資料が数多く所蔵されています。

文化財説明板設置場所

田端3-16-2

散策のヒント

  • 文化財説明板
  • 誰でもトイレ(田端区民センター内)
  • 休憩施設(田端区民センター内椅子)
  • 田端図書館