• ホーム
  • 利用案内
  • 展示・催し物
  • ミュージアムショップ

ここから本文です。

※現在開催中の企画展示はありません。

渋沢×北区「青天を衝け」大河ドラマ館

大河ドラマ館(仮)

会場:2階特別展示室・ホワイエ・講堂
問い合わせ先:東京北区大河ドラマ「青天を衝け」活用推進協議会
Tel:03-3908-1364(北区役所シティプロモーション推進担当課)

常設展示ミニ展示「渋沢栄一と北区」

常設展示室では、渋沢栄一と北区にちなんだミニ展示を開催しています。

飛鳥山に長く居住した渋沢栄一は地域の発展にも大きな貢献をはたしました。民間外交の場・地域との交流の場であった飛鳥山邸の姿、一里塚保存運動に代表される地域の文化財への関心、滝乃川学園への支援など、渋沢の多面的な活動をご紹介しています。

会期:令和2年7月23日(木曜日)~令和3年12月26日(日曜日)
会場:1階常設展示室「13.地図にみる北区の近現代」コーナー内
費用:常設展示観覧料(一般300円・障がい者150円・65歳以上150円・小中高生100円)
※「ぐるっとパス」「ちかとく」もご利用になれます。

 北区飛鳥山博物館公式SNS・YouTube始めました!

新型コロナウイルス感染拡大防止への取組について

緊急事態宣言解除にともなう東京都の休業要請等の緩和処置により、

 6月2日(火曜日)から、再開 しました。

なお、当館は日本博物館協会が示した「博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づき、安全安心に努めてまいります。

年内に開催する予定の講座はございません。

 

常設展示紹介

常設展示紹介

北区や近隣地域の考古、歴史、民俗等や自然に関して
一つの象徴展示と14のテーマを展示しています。

飛鳥山3つの博物館

王子駅に隣接する飛鳥山公園のなかには、3つの博物館が並び、それぞれ特色ある展示や催し物などを楽しむことができます。

北区飛鳥山博物館

北区の歴史・民俗・自然が楽しく学べる博物館

紙の博物館

世界有数の紙専門のユニークな博物館

渋沢史料館

近代日本を創ったリーダー渋沢栄一の志を伝え続ける博物館

ご利用案内
開館時間

10時~17時(常設展示室観覧券の発行は16時30分まで)
※埋蔵文化財の届出等に関するお問合せ・受付
月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時

休館日 毎週月曜日
(国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日に振替休館)
年末年始(12月28日~1月4日)
臨時休館日
観覧料

一般 300円(団体240円)
※障害者手帳をご提示いただいた場合は、一般券を半額でご利用になれます。(障害のある方お一人につき、介助者1名まで観覧料が免除になります。)
高齢者(65歳以上) 150円
小・中・高 100円(団体80円)
※小学生未満は無料
※団体扱いは20名以上

北区飛鳥山博物館よりぼいす館内にて無料配布しています。

北区飛鳥山博物館タイレクトメールのご案内「催し物案内」「博物館ダイレクトメール」など発行物を、ご希望の方に郵送します

北区浮世絵ギャラリー 浮世絵で見る北区の姿をご紹介します

北区飛鳥山博物館こどものページ

北区飛鳥山博物館 北区の歴史と文化財