ご利用案内

開館時間
午前10時から午後5時(常設展示室観覧券の発行は午後4時30分まで)
※埋蔵文化財の届出等に関するお問合せ・受付
月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時
休館日
毎週月曜日
国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日に振替休館
年末年始(12月28日~1月4日)
臨時休館日
観覧料
一般 300円(団体240円)
※障害者手帳をご提示いただいた場合は、一般券を半額でご利用になれます。(障害のある方お一人につき、介助者1名まで観覧料が免除になります。)
65歳以上 150円
小・中・高 100円(団体80円)
※小学生未満は無料
※団体扱いは20名以上

北区飛鳥山博物館だより ぼいす

北区飛鳥山博物館ダイレクトメールのご案内

ここから本文です。

掲載開始日:

最終更新日:2022年9月8日

ミュージアムショップ

北区飛鳥山博物館ミュージアムショップでは、展示物や北区に関連した書籍、絵はがき、バッジなど、ご来館の記念やおみやげに最適なグッズなどを取りそろえています。

新発売!

ミュージアムトートバッグ(OJI FOX) 

OJIFOXバッグミュージアムトートバッグ(OJI FOX)1個各600円

館蔵の浮世絵「江戸名所道戯尽 十六 王子狐火」をモチーフとした大人のキツネグッズ、名付けて「OJI FOX」シリーズの第1弾!
人気のミュージアムバッグがリニューアルしました。
色はネイビーとワインレッドの2色展開で、バッグの中や両側にもポケットがつき、持ち運びにも便利なトートバッグです。

 

水平開き®ノート(飛鳥山花見)

表紙

水平開き®ノート(飛鳥山花見)1冊350円

地元・滝野川の(株)中村印刷所と飛鳥山博物館がコラボ!
日・米・中で特許を取得した水平開き®技術と飛鳥山の花見を描い た浮世絵を使用した、飛鳥山博物館でしか買えないノートです。

 

 

 

 

 

 

見開き

 ページ取り外し

☆水平開きノートの特徴
・180°水平にノートが開くので、真ん中までストレスなく書くことができます。
・A5サイズのノートを見開きA4サイズで使うことができます。
・水平に開くので、コピーやスキャンをしても影が出ません・
・ページを取り外すこともできます。

 

 

 

 

 

おすすめ

一筆箋「春の飛鳥山」

表紙
一筆箋 表紙
絵柄1
一筆箋 絵柄1
絵柄2
一筆箋 絵柄2
絵柄3
一筆箋 絵柄3

一筆箋「春の飛鳥山」価格:\200
三枚続きの絵柄が一枚ずつ順に刷りこまれたおしゃれな一筆箋です。

原画『飛鳥山花見』

天明期(1781~88) 勝川春潮画
版元:和泉屋市兵衛 大判三枚続 北区飛鳥山博物館蔵
三枚続きの大画面を活かして飛鳥山のパノラマを描き、近景・中景に様々な人物群を配して花見の情景を表現した華やかな作品です。(常設展示は現在しておりません。関連企画展開催時のみの展示となっております。)