• ホーム
  • 利用案内
  • 展示・催し物
  • ミュージアムショップ

ホーム > 文化・観光・スポーツ > 北区飛鳥山博物館 > 展示・催し物 > 企画展示(2階) > 春期企画展「ファッションプレートが映し出す近代 美術と技術の交差点」(北区飛鳥山博物館)

ご利用案内

開館時間
午前10時から午後5時(常設展示室観覧券の発行は午後4時30分まで)
※埋蔵文化財の届出等に関するお問合せ・受付
月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時
休館日
毎週月曜日
国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日に振替休館
年末年始(12月28日~1月4日)
臨時休館日
観覧料
一般 300円(団体240円)
※障害者手帳をご提示いただいた場合は、一般券を半額でご利用になれます。(障害のある方お一人につき、介助者1名まで観覧料が免除になります。)
65歳以上 150円
小・中・高 100円(団体80円)
※小学生未満は無料
※団体扱いは20名以上

北区飛鳥山博物館だより ぼいす

北区飛鳥山博物館ダイレクトメールのご案内

ここから本文です。

掲載開始日:

最終更新日:2024年2月29日

春期企画展 ファッションプレートが映し出す近代 美術と技術の交差点(北区飛鳥山博物館)

R5FPポスター

 18世紀末のヨーロッパでは、細密な技術で美しい版画作品が数多く生み出されました。中でも、ファッションプレートと呼ばれた、当時のトレンドや未来の流行を予測した作品の数々は、現在のファッション雑誌に匹敵する情報として、欧米の服飾文化を現在に伝えます。
 日本からは遠く離れた欧米で作られたファッション・プレートは、明治時代を迎え、外国の文物を受容しはじめた日本にも伝えられました。明治期以降の浮世絵作品や大正時代以降のデザインにも少しずつ影響を与えたと言われています。
 この展覧会では、北区(旧滝野川区)出身の家政学者である伊藤紀之氏が収集したコレクションを特別に公開します。
 あるコレクターの目を通して集められたファッション・プレートはどのような世界を映し出したのでしょうか。そして、日本の近代と欧州のファッション・プレートはどのような交差があったのでしょうか。 

 ぜひ春の飛鳥山で美しいファッションプレートコレクションをご覧ください。

期間

3月20日(水曜日・祝日)~5月12日(日曜日) 午前10時~午後5時
※毎週月曜日は休館、月曜日が祝日の場合は開館し、直後の平日が休館日。

会場

北区飛鳥山博物館 特別展示室・ホワイエ

関連イベント

展示解説会

日時:4月13日(土曜日)
 1.午前11時~12時 2.午後2時~3時
 ※同内容で2回開催。
会場:講堂・特別展示室
講師:展覧会担当学芸員
定員:20名(先着順)
費用:無料
申込:申し込み不要。※開催の30分前から整理券配布。

展覧会関連講座「20世紀のファッションプレートと日本」

20世紀に発行されたファッションプレートは、図案へオリエンタリズム・ジャポニズムなどの影響を見られるだけではなく印刷紙の技術という面でも日本との関わりをもっていました。
本講座では、ファッションプレートの概要をお話しするとともに、19~20世紀の美術と技術の東西交流の様子ををファッションプレートから読み解きます。

日時:4月27日(土曜日) 午後1時30分~3時
会場:講堂
講師:展覧会担当学芸員
定員:60名
費用:100円(資料代)
申込:往復はがきまたは電子申請で4月11日(木曜日)午後4時必着。
    ※電子申請の応募受付は3月20日(水曜日・祝日)より開始。

展覧会関連講座への申し込み方法

往復はがきまたは電子申請にて4月11日(木曜日)午後4時必着

[往復はがきでお申し込みの場合]
往信面の裏(白い面)に「講座名、氏名(フリガナも記入)、住所、性別、年齢、電話番号」を記入し、返信宛名面に参加者本人の住所、氏名を記入して、北区飛鳥山博物館(〒114-0002北区王子1-1-3)にお送りください。

[電子申請でお申し込みの場合]
電子申請申込フォーム(外部サイトへリンク)より必要事項をご記入の上、お申込みください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館

電話番号:03-3916-1133