ご利用案内

開館時間
10時~17時(16時30分まで受付)
※埋蔵文化財の届出等に関するお問合せ・受付
月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時
休館日
毎週月曜日
国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日に振替休館
年末年始(12月28日~1月4日)
臨時休館日
観覧料
一般 300円(団体240円)
※障害者手帳をご提示いただいた場合は、一般券を半額でご利用になれます。(障害のある方お一人につき、介助者1名まで観覧料が免除になります。)
65歳以上 150円
小・中・高 100円(団体80円)
※小学生未満は無料
※団体扱いは20名以上

ぼいす

ダイレクトメール

ここから本文です。

掲載開始日:

最終更新日:2020年5月24日

企画展示(2階)

企画展示

春期企画展 飛鳥山三百年展-楽しい!だから続く、吉宗がつくった江戸のワンダーランド

 春期企画展企画展ページ画像

 飛鳥山は上野から北に続く武蔵野台地崖線に位置する地で、ここが江戸の花見の名所となったのは、八代将軍徳川吉宗の桜植樹にさかのぼります。鷹狩にしばしばこの地を訪れた吉宗は、紀州飛鳥明神とゆかり深い飛鳥山に特別の愛情をもち、享保5年(1720)、桜を270本植え、翌年にはさらに1,000本の桜を加えたほか、楓・松を含んだ修景をほどこしました。そののち、飛鳥山は春のみならず四季折々の景物に富んだ景勝地として、庶民の行楽の場となり、明治6年(1873)には日本で最初の太政官公園のひとつに指定を受け今日に至っています。

 徳川吉宗による飛鳥山の開発から今年で300年が経ち、このたび、これを記念して飛鳥山の歴史・文化をご紹介する企画展を開催する運びとなりました。展示を通して、江戸の昔から今に至る飛鳥山の姿を、みなさまとともに見つめなおす機会となれば幸いです。

 最後に、本展の開催にあたりまして、ご理解、ご協力を賜りました関係各位に篤く御礼を申し上げます。

 

 協力者一覧(順不同 敬称略)

 伊藤紀之
 大岡富士雄
 黒田清嗣

 飛鳥山薪能実行委員会
 太田記念美術館

 宮内庁書陵部
 国立公文書館
 国会図書館
 公益財団法人 東京都公園協会 緑と水の市民カレッジ
 公益財団法人 德川記念財団
 公益財団法人 冷泉家時雨亭文庫
 東京都公文書館

会期:6月2日(火曜日)~8月30日(日曜日)                                                   ※新型コロナウィルスの感染状況により、会期を変更する場合がございます。
会場:特別展示室・ホワイエ・講堂
開館時間:午前10時~午後5時
休館日:毎週月曜日
観覧無料

  

これまでに開催した展示

令和2年

平成31年/令和元年

平成30年

平成29年

平成28年

企画展

毎年3月中旬から5月上旬に春期企画展、10月下旬から12月下旬にかけて秋期企画展をおこなっています。

スポット展示

企画展のない時期に、収蔵品をご紹介する「セレクション5(ファイブ)」などの小規模な展示をおこなっています。

その他の展示

企画展やスポット展のほかに、夏に「夏休みわくわくミュージアム」にあわせて親子で楽しめる特別展示、冬に小学校中学年のしらべ学習にあわせた「来て、見て、さわって!昔の道具」展などをおこなっています。