ここから本文です。

掲載開始日:2021年2月20日

最終更新日:2022年3月8日

押印廃止

申請書等の押印を原則廃止

北区では、行政手続の簡素化を推進し、区民や事業者の負担軽減および利便性の向上を図るとともに、将来的な行政手続のオンライン化などを見据え、押印の廃止に向けた検討を進めてきました。

見直しの結果、2,036件の申請書等について、令和4年4月1日より押印を廃止します。

押印を
求めている書類
押印を
廃止する書類
押印を
廃止しない書類
検討中
2,753 2,036(74.0%) 705 12

 

一部の書類(法令等で押印が義務付けられているものや、契約書、請求書等)については、今後も押印が必要となります。
また、申請者の意思確認等のため、押印や本人の署名を求める書類があります。
押印の要否については、一覧に記載のある各担当課へお問い合わせください。

押印を廃止しない、または検討中としている書類についても、引き続き押印廃止に向けた検討を進めます。

押印を廃止する申請書等一覧

 


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:政策経営部経営改革・公共施設再配置推進担当課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階15番

電話番号:03-3908-9334