ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の申請に必要な身元確認書類

ここから本文です。

掲載開始日:2015年12月29日

最終更新日:2015年12月29日

後期高齢者医療制度の申請に必要な身元確認書類

マイナンバー制度の開始により、区の一部の事務で申請書などに、個人番号の記入が必要となります。

平成28年1月以降、区の窓口にお手続きでご来庁の際には、下記の1~3(代理人からの申請は、別記)をご持参ください。

申請の内容によっては、その他に必要なものがございます。詳しくは、お尋ねください。

 

1 個人番号確認書類(平成28年1月以降、一部の申請で必要となります。)  

  個人番号カード、通知カード、個人番号が記載された住民票の写し、個人番号が記載された住民票記載

    事項証明書のいずれか1点

 

 2 身元確認書類  

  ①個人番号カード、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、身体障害者手帳等の官公署から発行され     

  た氏名、生年月日または住所が記載された顔写真付の証明書(有効期限内のものに限る)のいずれか1     

  点 

 ②上記が、お持ちいただけない場合、以下を2点お持ちください。

  医療被保険者証、介護保険証、年金手帳、印字された高額療養費申請書等(有効期限内のものに限る)

  

 3 印鑑(朱肉を使うもの)

 

 

※代理人が申請する場合は、下記をご持参下さい。

 a)代理権の確認

    法定代理人の場合:登記事項証明書

    その他の代理人の場合:被保険者本人が署名等をした委任状

 b)代理人の身元確認書類(上記1におなじ)

 c)被保険者本人の個人番号確認書類(上記2におなじ)

 d)印鑑(朱肉をつかうもの)

  

以上、ご不明な点があれば、お問い合わせください。

お問い合わせ

所属課室:区民部国保年金課高齢医療係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階21番

電話番号:03-3908-9069