ここから本文です。

掲載開始日:2020年5月27日

最終更新日:2021年9月11日

区民施設の利用について

緊急事態宣言発出に伴う区民施設の利用について(令和3年9月10日更新)

緊急事態宣言が発出されたことに伴い、令和3年9月30日(木曜日)まで区民施設の利用については下記の通りとさせていただきます。皆さまには、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

1 対象施設 
 北とぴあ、赤羽会館、滝野川会館、元気ぷらざ、各区民センター、各ふれあい館、各コミュニティアリーナ

2 緊急事態宣言期間中の新規申し込みは停止いたします。

3 既予約分の利用につきましては、適切な感染予防策を行い下記利用制限等をお守りいただくことを条件にご利用いただけます。
(1)各施設の利用人数は定員の50パーセント以下とします。但し、利用者の混乱を避けるため、既に利用予約があり、やむをえない場合は各施設定員の50パーセントを超えての利用を可とします。

(2)カラオケ機器の利用は不可としますが、コーラスや口を使って奏でる楽器演奏等については、マスクの着用、他者との間隔を2m以上確保、窓の開放等による換気の徹底、その他業界団体の定めるガイドラインに基づく対策の実施を条件に利用可とします。

(3)午後8時までに退館・退場、また、劇場・ホール等でのイベント開催は午後9時までに退館・退場をお願いいたします。

4 施設使用料の取扱いについて
 緊急事態宣言期間中の全ての時間帯について利用キャンセルの申し出があった場合に限り、施設使用料を全額還付いたします。また、緊急事態宣言期間解除間際の混乱をさけるため、令和3年10月7日(木)利用日までの予約については、感染拡大防止を理由とするキャンセルの場合は全額還付といたします。(※北とぴあについては令和3年9月30日(木)利用日まで全額還付)なお、施設を利用した場合は、利用時間短縮に伴う施設使用料の減額は行いません。

詳しくは各施設に直接お問い合わせください。
ご利用の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。なお、今後の感染状況等により、変更となる場合がありますので、予めご了承ください。
 

 

北とぴあ、赤羽会館、滝野川会館

ふれあい館、コミュニティアリーナ

元気ぷらざ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:地域振興部地域振興課区民施設係

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ10階)

電話番号:03-5390-0095