ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 糖尿病性腎症重症化予防事業

ここから本文です。

掲載開始日:2019年3月12日

最終更新日:2019年3月12日

糖尿病性腎症重症化予防事業

平成31年度から、糖尿病性腎症の重症化による人工透析への移行を防ぐため、国民健康保険被保険者の方々を対象とした「糖尿病性腎症重症化予防事業」を実施します。

この事業は、特定健康診査の結果から、糖尿病性腎症が疑われる方に医療機関への受診勧奨を行うとともに、服薬管理、食事療法、運動療法等の保健指導を実施することにより、対象者の方々の生活の質と健康の維持・向上を目的としています。また、人工透析への移行を防ぐことで、医療費の軽減を図ります。

医療機関への受診勧奨

糖尿病は初期の段階では自覚症状に乏しく、診断されても治療を行わなかったり、中断したりする方が少なくありません。重症化を防ぐためには、早期治療、継続治療がとても大切です。

毎年実施する特定健康診査の結果、一定の基準に該当した方に対し、医療機関への受診勧奨通知を送付いたします。

糖尿病性腎症重症化予防の保健指導

受診勧奨の通知が届いた方が区内28(平成31年3月時点)の協力医療機関に受診をし、糖尿病性腎症と診断され、医師が保健指導の必要があると判断した場合、区が実施する保健指導に参加をすることができます(協力医療機関の先生にご相談ください)。

この保健指導は、区が委託する事業者の専門スタッフによる6か月間の生活指導、服薬指導が無料で受けられるものです。

≪医療機関向け≫糖尿病重症化予防事業提出書類

保健指導プログラム参加同意書

保健指導プログラム参加同意書は、受診勧奨の通知が届いた方で糖尿病性腎症と診断された方が区で実施する保健指導への参加を希望した場合に、参加希望者ご本人に記入してもらう書類です。

以下からダウンロードできます。

生活指導確認書

生活指導確認書は、保健指導を希望された方から保健指導プログラム参加同意書をいただいた場合に、医師の方が記載する書類です。

以下からダウンロードできます。

 

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部国保年金課庶務係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階27番

電話番号:03-3908-1193