ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 保険料 > 保険料の特別徴収(年金からの差し引き)(国民健康保険)

ここから本文です。

掲載開始日:2014年4月1日

最終更新日:2020年4月1日

保険料の特別徴収(年金からの差し引き)(国民健康保険)

国保に加入している世帯主が65歳から74歳で以下の条件を満たす世帯の方は、原則、納付書での納付はできません。年金から保険料を納めていただきます。
※年金から引き落とされた保険料は、日本年金機構・共済組合等から直接北区へ納入されます。
ただし、特別徴収の対象となる以前から口座振替で納付いただいている世帯については、口座振替を優先いたします。また、年金からの差し引きでは無く、新たに口座振替のご希望の方は、納付実績により口座振替に変更することができます。
口座振替できないことが一定程度続いた場合、特別徴収となる場合があります。
年金特別徴収の対象予定者には、お知らせをお送りしております。
ご不明な点は、ページ下段のお問い合わせ先までご連絡ください。

対象は、次のすべてに該当する世帯です

  • 国民健康保険の加入者全員が65歳~74歳であること
  • 世帯主の介護保険料が特別徴収の対象であること
  • 世帯主の特別徴収の対象となる年金額が年額18万円以上であること
  • 世帯の国民健康保険料の合計と世帯主の介護保険料の合計が、世帯主の介護保険料が特別徴収される年金の半分を超えないこと

年度の途中で、特別徴収の対象でなくなった世帯では

年度途中の保険料額の変更、新年度の介護保険料の決定、世帯主の変更、加入者の変更等により、特別徴収が中止になる場合があります。また、世帯主が年度途中に75歳になる世帯については、特別徴収は行いません。
特別徴収の対象でなくなった世帯には通知書をお送りしますので、残りの保険料は納付書または口座振替でご納付ください。

特別徴収の対象でなくなった場合、ご自身で納付したり、口座振替の手続きをする必要があります。特に75歳の後期高齢医療制度への移行する年度や介護施設への入所により、特別徴収ができなくなることがあります。口座振替は相続などの所得変更時にも手続き不要で柔軟に対応できます。いざという時のために口座振替のご利用をお勧めいたします。

介護施設への入所等、住所地以外で北区の国民健康保険に加入することとなる方は、特別徴収を継続できません。口座振替で納付いただくこととなります。

特別徴収の納付方法

特別徴収は年金の支給月に徴収されます。
・年金徴収の開始時期は、対象となる方へ事前にお知らせをお送りしています。
・保険料額の計算は例年6月に納入通知書をお送りいたします。

納付月
(年金支給月)
徴収方法 保険料の計算方法

4月

特別徴収
(仮徴収)

前年度から特別徴収の方は、前年度2月期と同額になります。初めて対象となる方は、前年度保険料額を基に計算した額で徴収されます。

6月

8月

10月

特別徴収
(本徴収)

前年中の所得金額で保険料を算定し、仮徴収額を差し引いた額を10月・12月・2月の3回で徴収されます。

12月

2月

※振り込め詐欺など、ご心配な方は、窓口でのご相談もお受けしています。窓口が混雑する場合もございますので、事前にご連絡をお願いします。比較的空いている時間帯をご案内させていただきます。(時間指定など、ご希望に添えない場合もございます。)

 

お問い合わせ

所属課室:区民部国保年金課国保資格係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階23番

電話番号:03-3908-1131