ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 糖尿病性腎症重症化予防事業

ここから本文です。

掲載開始日:2019年3月12日

最終更新日:2021年5月22日

糖尿病性腎症重症化予防事業

 平成31年度から、糖尿病性腎症の重症化による人工透析への移行を防ぐため、国民健康保険加入者を対象とした「糖尿病性腎症重症化予防事業」として「受診勧奨」と「保健指導」を実施しています。

 本事業は下記の事業者に委託して実施します。
 〇令和3年度委託事業者
  株式会社日本サポートサービス
  電話番号:0120-315-556(通話料無料)
  受付:平日9:00~17:00

受診勧奨

 委託事業者の保健師や管理栄養士からお手紙やお電話で医療機関受診のご案内をします。
※医療機関を受診した際の検査・治療にかかる費用は、健康保険適用による自己負担となりますので、あらかじめご了承ください。

対象となる方
 ・令和2年8月~10月に実施した特定健康診査の結果、糖尿病性腎症が疑われる方
 ・診療報酬明細(レセプト)から、糖尿病の治療が中断している可能性がある方

※対象となる方へ、令和3年5月20日にお手紙を発送しました。

受診勧奨通知見本(令和2年度の特定健康診査を受診された方)(PDF:288KB)

受診勧奨通知見本(糖尿病の治療が中断している可能性がある方)(PDF:218KB)

封筒の見本

封筒の見本

保健指導

対象となる方
 ・区内の協力医療機関に通院中の糖尿病性腎症の疑いがある方で、主治医の同意が得られた方

保健指導の内容
 委託業者の保健師や管理栄養士が6か月間サポートします。
 ①面談をします。
  生活状況や通院状況を確認し、生活習慣の改善の取り組みを一緒に考えます。
 ②お手紙・お電話でサポートします。
 ③結果を確認します。
  6か月間の取り組みの成果を一緒に確認し、これからの生活習慣について助言します。
 ※保健指導の利用料は無料です。

保健指導の申込期限
 令和3年8月31日(火)まで

保健指導のご案内(見本)(PDF:576KB)

【医療機関向け】糖尿病重症化予防事業提出書類

保健指導プログラム参加同意書

 受診勧奨通知が届いた方、もしくは、現在糖尿病性腎症の治療中の方が、保健指導への参加を希望した場合に、希望者ご本人が記入する書類です。

以下からダウンロードできます。

生活指導確認書

 保健指導への参加を希望した方から「保健指導プログラム参加同意書」をいただいた場合に、医師の方が記入する書類です。

以下からダウンロードできます。

 

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部国保年金課庶務係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階27番

電話番号:03-3908-1193