ホーム > 暮らし > 税金 > 税証明 > 税証明の種類と申請方法

ここから本文です。

掲載開始日:2015年3月18日

最終更新日:2017年5月2日

税証明の種類と申請方法

区役所では、住民税と軽自動車税の証明書を発行しています。

住民税の証明書は、必要な年度の初日(4月1日)の属する年の1月1日現在、住民登録のあった
市区町村で発行されます。

証明書の種類

税の種類

証明書の種類

住民税(特別区民税・都民税個人分)

課税証明書
非課税証明書
納税証明書

軽自動車税

納税証明書
(継続検査用)
(譲渡・その他用)

注意事項

  • 住民税証明書には、証明年度の前年中の所得が記載されます。
    (例)平成29年度課税(非課税)証明書=平成28年中の所得証明書
       ※平成29年度の証明書の発行開始時期については、下記をご覧ください。
  • 所得税の「納税証明書その1~その4」は税務署で発行しています。
  • 普通自動車の納税証明書、土地・不動産関係の税証明、評価証明などは、都税事務所で
    発行しています。
  • コンビニエンスストアでは、住民税課税(非課税)証明書(直近2年度分)のみ発行しています。 

新年度の証明書の発行開始時期

1.住民税の場合 

区 分 発行開始時期

住民税が全額、会社の給与から引き落としされている方(給与特別徴収)及びその被扶養者

毎年5月中旬から

※平成29年度の証明書は平成29年5月12日(金)   発行開始予定。

上記以外の方
(普通徴収、年金特別徴収、特別徴収と普通徴収の併用)

毎年6月上旬から

※平成29年度の証明書は平成29年6月5日(月)  発行開始予定。

 ※コンビニエンスストアで平成29年度の証明書をお取りになる場合、給与特別徴収及びその被扶養者の方も発行開始時期は平成29年6月5日(月)からとなります。

 2.軽自動車税の場合

 

  毎年5月中旬から

税証明の申請・交付

1.申請・交付窓口

  ※コンビニエンスストアでの交付はコンビニエンスストアでの証明書交付サービスをご覧ください。

  ※平日夜間・日曜日における発行は平日夜間・日曜日における税証明の発行についてをご覧ください。

  ※郵送による申請・交付は税証明の発行(郵送請求のしかた)をご覧ください。

2.窓口にお持ちいただくもの

 本人が申請する場合
  1. 本人を確認できる証明書※1
  2. 交付手数料(1通につき300円) 軽自動車税の納税証明書(継続検査用)は無料です。
  代理人が申請する場合
  1. 委任状※2
  2. 代理人自身を確認できる証明書※1
  3. 交付手数料(1通につき300円) 軽自動車税の納税証明書(継続検査用)は無料です。

 ※1 本人になりすました虚偽の届出や、不正な手段による証明書の請求を防ぐため、ご本人の確認を
  行っています。健康保険証、運転免許証、パスポート、年金手帳、住民基本台帳カード、マイナン
  バーカード、障害者手帳、写真つきの社員証や、学生証などをお持ちください。

 ※2 税証明を代理の方が請求する場合は、ご家族の方であっても委任状が必要となります(軽自動車税
  納税証明書(継続検査用)を除く)。詳しくは税証明の発行(委任状の書き方)をご覧ください。

3.その他注意事項

  • 金融機関で納付された税金は、区役所で確認ができるまで14日程かかります。
    この期間内に納税証明書を請求される場合は、納付された領収書の原本も併せてお持ちください。
  • 交付申請書には、証明書が必要な方の「証明年度の1月1日時点の北区の住所・氏名」「生年月日」を
    ご記入いただきます。事前にご準備をお願いいたします。
    (詳しくは、下記添付ファイル「特別区民税・都民税証明交付申請書」をご覧ください。)

添付ファイル

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部税務課税務係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階12番

電話番号:03-3908-1114