ホーム > 暮らし > 税金 > 税証明 > 税証明の発行(郵送請求のしかた)

ここから本文です。

掲載開始日:2015年3月16日

最終更新日:2018年7月17日

税証明の発行(郵送請求のしかた)

郵送による請求

北区から転出したり、仕事などで窓口に来られない場合には、下記の要領にしたがって郵送による請求ができます(この手続きは、本人の請求に限ります)。

郵送で請求できる証明書の種類は、住民税課税(非課税)証明書、住民税納税証明書、軽自動車税納税証明書(継続検査用・譲渡等その他用)があります。

郵送していただくもの

  • [1]証明交付申請書(添付ファイルを印刷するか便せんなどで下記見本のようにお書きください)
  • [2]証明書1通につき300円分の定額小為替(郵便局で購入して無記名のまま同封してください)
  •  ※切手での支払いはできません。
  •  ※定額小為替は無記名のまま、発行日から160日以内のものを同封してください。
  •  ※軽自動車税の納税証明書(継続検査用)については手数料はかかりません。
  • [3]切手を貼って、住所・氏名を記入した封筒
  •  ※ご夫婦でも各々の証明交付申請書と返信用封筒を同封してください。

郵送先

〒114-8508

東京都北区王子本町1丁目15番22号

北区役所区民部税務課税務係 税証明担当

 

注意

  • 証明書は本人の現在住民票のある住所以外には、送付できません(軽自動車税の納税証明書(継続検査用)は除く)。
  • 郵便、その他の事情を考慮の上、一週間以上の余裕をもって請求してください。
  • 速達希望者は、速達料金を含む切手を貼った返信用封筒を同封してください。
  • 転送先には、お送りすることができません。
  • 北区から転出後、さらに住所変更や氏名変更をされた場合は、現住所や氏名が確認できる住民票、運転免許証、健康保険証等のコピーも同封してください。
  • 住民税課税(非課税)証明書・住民税納税証明書は、証明年度の前年の収入・所得が記載されます。 ※詳しくは税証明の種類と申請方法のページをご覧ください。
  • 納付後、14日以内に納税証明書を請求の場合は、領収書の原本を同封してください。確認後、返却いたします。
  • 個人情報保護の観点から、申請内容や添付書類についてお問い合わせをする場合があります。

証明交付申請書 ※見本

証明年度:平成○○年度(平成△△年中の所得)  例:平成30年度(平成29年中の所得)

証明書の種類:課税(非課税)証明書○通

目的:○○○申請に使用するため

証明年度の1月1日の北区の住所:北区○○○町×-××-××

氏名:北区一郎(フリガナ)

現在の住所:○○県○市○○町×-××-××

(現在の氏名):結婚、離婚などで氏名の変更があった方のみ

生年月日:昭和○○年○○月○○日

日中連絡のつく電話番号:×××-×××-×××

上記のとおり申請します

平成○○年○○月○○日

添付ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部税務課税務係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階12番

電話番号:03-3908-1114