ここから本文です。

掲載開始日:2020年5月21日

最終更新日:2020年5月21日

新型コロナウイルス感染症対策本部 本部報(第16報)新型コロナウイルス感染予防のための福祉施設巡回事業を実施

北区は、5月25日(月曜日)から、新型コロナウイルス感染予防のために、福祉施設への巡回を実施する。これは、新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいと言われている高齢者入所施設等での新型コロナウイルス感染予防を目的に実施するもの。

北区は、5月25日(月曜日)から、新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいと言われている高齢者入所施設等での新型コロナウイルス感染予防を目的に、福祉施設への巡回を実施する。
5月14日(木曜日)、政府は39の県において緊急事態宣言を解除したが、都内では引き続き緊急事態宣が発令されている。都内においても感染者数は大きく減少している一方で、老人保健施設や介護施設など入所系の施設においてクラスター発生の事例が多数報じられた。
政府が示す「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」の中でも地方公共団体には、高齢者施設等における施設内感染防止の周知徹底が求められており、感染者数が大きく減少し、事態が収束し始めている今こそ、再度の感染拡大に備え、区は福祉施設における感染予防対策を積極的に支援し、区民の安全・安心を守っていく。

福祉施設巡回事業

実施時期

5月25日(月曜日)から6月末まで(予定)

対象施設

希望する区内高齢者入所施設

巡回体制

医師、保健師、事務職の複数名で行う

実施方法

希望する施設を巡回し、現場において国のガイドラインをもとに、感染予防に必要な、より具体的なアドバイスや情報提供を行うことで施設における感染対策が持続可能なものとなるよう支援する。

その他

事業の実施結果をもとに、今後は施設の実情なども踏まえ、巡回する施設の拡大を検討する。

お問い合わせ

所属課室:北区保健所保健予防課

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-3101