ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > フォトアルバム > 平成28年(2016年) > 2016年2月 > <事前案内>「糸と光と風景と-刺繍を通してみる近代-」開催

ここから本文です。

最終更新日:2016年2月19日

<事前案内>「糸と光と風景と-刺繍を通してみる近代-」開催

刺繍画「たきの川」(後期展示)

写真:刺繍画「たきの川」(後期展示)

平成28年3月15日(火曜日)から、北区飛鳥山博物館(王子1)で、春期企画展「糸と光と風景と―刺繍を通してみる近代―」を開催する。5月8日(日曜日)まで。
明治時代以降、欧米への輸出増加を背景に、女性の自立につながる技術とされた日本刺繍は、やがて美術的表現へと広がりをみせた。
この企画展では、近代刺繍の発展と展開をたどりながら、刺繍教育に関する資料や、当時の女子美術学校(現女子美術大学)生徒が制作した刺繍画など計189点を、前後期に分けて展示。刺繍画の中には北区域を含む各地の風景を絹糸で色彩豊かに描いたものが多数含まれており、都市化する以前の姿を見ることができる。午前10時から午後5時。観覧無料。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館管理運営係

東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園内

電話番号:03-3916-1133