ホーム > 文化・観光・スポーツ > トップアスリートのまち・北区 > 北区スポーツボランティア大募集 > スポーツボランティア 第1回養成講座を開催しました!

ここから本文です。

掲載開始日:2020年11月6日

最終更新日:2020年12月8日

スポーツボランティア 第1回養成講座を開催しました!

スポーツボランティア養成講座「暗闇の世界!ブラインドサッカー体験!」

 12月6日(日曜)に障害者週間記念事業として、日本ブラインドサッカー協会の高山ゆずり氏とブラインドサッカーの山川聖立選手を講師にお招きし、目隠しで体を動かす体験やブラインドサッカー体験などを実施しました!

  まずは山川選手がアイマスクをつけ、ドリブルとシュートを披露しました。ボールの中の鈴の音やサポートの指示だけを頼りに、まるで見えているかのように正確なプレイをする山川選手に、参加者からは歓声が上がりました。

 その後、参加者もアイマスクをつけ、何も見えない状態での歩行体験、ドリブルやシュートといったブラインドサッカー体験を行いました。はじめはおぼつかない足取りでしたが、徐々に慣れてきてゴールを決める方もいました。

 指示を出す人とのコミュニケーションが重要になるブラインドサッカーを体験した参加者は、障害のある人もない人も関係なく、お互いに支えあう気持ちの大切さを実感していました!

 

 blind1  blind2
 blind4  blind3

日時

令和2年12月6日(日曜)

午後2時~4時(受付:1時30分~)

会場

赤羽体育館(志茂3-46-16)

サブアリーナ

内容

第一部 ブラインドサッカーから学ぶ共生社会(講演)

日本ブラインドサッカー協会と選手の対談を交えたセミナー形式で実施します。ブラインドサッカー競技の紹介や、多様な人々が共に過ごせる社会についてお話いただきます。スポーツ現場でのボランティア活動において、新しい発見があるはずです!

 

第二部 暗闇の世界!ブラインドサッカー体験!(講座:実技含む)

目隠しをした状態で、体を動かしてみたり、ブラインドサッカー体験などを実施します。視界が真っ暗ななか、聞こえる音だけを頼りに動くことは、普段はできない貴重な体験になると思います。ぜひご参加ください!

講師

・日本ブラインドサッカー協会
・ブラインドサッカー選手

blind-logo

参加費

無料

対象

区内在住、在学、在勤の方

(北区と包括協定を結んでいる大学の学生も可)

※北区スポーツボランティア制度に登録されていない方もご参加いただけます。

定員

40名 事前申込制、先着順

持ち物 

動きやすい服装、室内シューズ、飲み物

申込方法

電話、E-mailまたはFAXで申込み 締切:11月27日(金曜)必着

①氏名(ふりがな) ②電話番号 

申込み先

北区役所地域振興部 東京オリンピック・パラリンピック担当課

TEL:03-5390-1136 FAX:03-5390-1137

E-mail:spo-vol(at)city.kita.lg.jp
※不審メール対策のため、一部表記を変更しています。(at)を@に変えて送信してください。

(当日連絡先) 090-3094-2901

※①検温②消毒③マスクの着用④ソーシャルディスタンス(適切な距離)などの感染症対策をしっかりと行ったうえで開催いたします。皆さまのご協力をお願いします。

お問い合わせ

所属課室:地域振興部東京オリンピック・パラリンピック担当課 

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ10階)

電話番号:03-5390-1136