ここから本文です。

最終更新日:2021年12月16日

ようこそ先輩交流会

ようこそ先輩交流会とは

西ケ原小学校では、年1回西ケ原地域や西ケ原小学校にゆかりのある皆様をゲストティーチャーとしてお招きし、授業を行っています。

それぞれのゲストティーチャーが持ち前の知識を生かして、特別な授業を実施しています。

また、地域の方々との交流を通して、先人の人柄・知恵に触れ、地域愛を深めることをねらいとしています。

1年生 リトミック

1年生は体育館でクラス毎にリトミックの活動を行いました。
ピアノの伴奏に合わせて、歩いたり、スキップをしたり、歌を歌ったり、ジャンケンをしたりと体を動かして楽しく活動しました。「遠足に行こう」や「動物園に行こう」などで、好きなお弁当の中身や動物などの名前を考えて言いました。

音楽と体育を合わせた活動に、子供たちは楽しいひとときを過ごせました。

121101121102

2年生 昔の西ヶ原・昔の遊び

2年生は昔話と昔遊びを教えていただきました。
昔話では、西ケ原小学校の歴史や、北区に住んでいた歴史上の人物について聞きました。また、ゴミの集め方が昔と今でどんどん変わっていることを知りました。
昔遊びでは、ぶんぶんゴマ、トントンすもう、紙コップロケット、くるくるプロペラ(折り紙)を教えていただき、楽しく遊びました。

121103121104

3年生 消防団について

3年生は、消防団と消防署の方に、火事からくらしを守る仕事について教えていただきました。

まず初めに、子供たちの質問に答える形で、火事の原因や普段の仕事の様子などを教えていただきました。その後、実際にはしご車を動かしながら、火事の通報から出動までの一連の動きをデモンストレーションとして見せていただきました。

消防団の方は西ケ原小学校出身だそうです。自分たちの先輩が活躍していることを知って、3年生の子供たちもその仕事に興味をもったようです。

121105121106

4年生 プログラミング

4年生はプログラミングについて教えていただきました。
マイクロビットというプログラミングソフトを用いて、手作りの車のおもちゃを動かしていきます。
基本の命令(前進・後進・回転)をもとに、自分の意図した動きを記号化し、パソコンで入力していきます。パソコンからマイクロビットを搭載した車に命令を移し、動作を確認します。
動き方や速さを変えたり、他の命令(明かりや音)を入れたりして、イメージした動きを命令できているか試行錯誤しました。
自分の意図した動きを、目の前の車で実現できたことがとても嬉しかったようで,何度も何度も試していました。

121107121108

5年生 おもしろ算数

5年生は元西ケ原小学校副校長山本英一先生に、算数「円周角と中心角」について教えていただきました。

はじめに直径と円周の周りのどこかに頂点を決め、三角形を描きました。円周の周りにできた角は全て90度となりました。

そこからなぜそうなるのだろうと疑問をもった子ども達は中心角と円周角について調べました。調べた結果を発表していくにつれ、円周角は中心角の2倍となっていることに気付きました。見付けたことを元に始めの疑問について考えまとめました。

121110121110

6年生 天体

6年生は国立天文台の渡邊鉄哉名誉教授に、「宇宙のお話」をしていただきました。
生命がいつ、どこで、どのように誕生したのか、誕生した場所には、いろいろな説があるそうです。小惑星や衛星を探査することによって謎が解けるかもしれないというお話もありました。
宇宙や生命について、もっともっと知りたいと思うお話でした。

 121111121112

どの講師の先生方も、授業では取り組まないような興味深い講義や体験を行ってくださいました。

ありがとうございました。

お問い合わせ

東京都北区立 西ケ原小学校

北区西ケ原4-19-21

電話番号:03-3910-5204

ページの先頭へ戻る