ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > フォトアルバム > 平成31年(2019年) > 2019年8月 > 「夏休み縄文人なりきり体験教室」開催

ここから本文です。

最終更新日:2019年8月6日

「夏休み縄文人なりきり体験教室」開催

190806-1

火おこし体験の様子

令和元年8月6日(火曜日)、北区飛鳥山博物館(王子1-1-3 飛鳥山公園内)で、復元した縄文時代の道具を用いた「夏休み縄文人なりきり体験教室」を開催した。
これは、子どもたちと保護者に縄文人の暮らしを肌で体感しながら学び、夏休みの自由研究に役立ててもらおうと実施したもの。
この日、区内在住の小中学生と保護者12組28名が参加し、木の棒(火きり棒)を回転させる『火おこし』や『弓矢での狩り』、『石を使ったくるみ割り』などを体験。縄文人の暮らしの知恵や苦労を楽しみながら学び、普段の生活のありがたさを親子で実感していた。

190806-4

縄文土器の文様を粘土につけて土版を作成する様子

190806-3

くるみ割り体験の様子

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館事業係

東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園内

電話番号:03-3916-1133

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102